ユーザデータのバックアップ

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索
ユーザーデータレポートのバックアップ

Moodleには、コースのバックアップにユーザデータ(フォーラム投稿、用語集エントリなど)を含めることができる機能が含まれています)。これを行うには、バックアップが別のMoodleサイトで復元されたときにデータの一貫性を維持できるように、関連するユーザアカウントも含まれます。残念ながら、この機能を悪用すると、プライバシーリークが発生し、元のサイト全体が悪用される可能性があります。

ユーザデータのバックアップを制御する機能があります moodle/backup:userinfo、コースをバックアップする機能とは別に。デフォルトでは、この機能はマネージャーの役割にのみ許可されています。

セキュリティの概要レポートにはこのチェックが含まれており、この機能が有効になっているロールまたはユーザについてレポートします。この機能は、本当に必要な人だけが使用できるようにしてください。

また、表示されているすべてのユーザを信頼している場合でも、 パスワードポリシーを設定して)非常に強力なパスワードを使用していることを確認してください。アカウントをクラックする可能性のある人。

ヒント :用語集とデータベース活動エントリは、ユーザデータをバックアップする必要なく、エントリのエクスポートとインポート機能を使用して別のコースに簡単に移動できます。

こちらもご覧ください