ユーザを追加する

移動先: 案内, 検索

ユーザーはさまざまな方法でMoodleサイトに追加されます。ユーザーアカウントがサイトで作成されると、プロセスはAuthenticationと呼ばれ、ユーザーがコースに参加すると、プロセスはEnrollmentと呼ばれます。通常、サイトにユーザーを追加できるのは管理者だけです。コースの教師はコースに学生を追加することしかできず、ユーザーをサイトに追加する権限がありません。 (あなたがコースに生徒を追加する方法についての指示を探している教師なら、生徒を追加を読んでください。)

ユーザーは自分でサイトにサインアップします

他の人に自分のサイトで自分のアカウントを作成してもらいたい場合は、Email-based self-registrationを有効にする必要があります。スパマーがサイトにアクセスする可能性があるため、この機能はデフォルトで無効になっています。

Signing up for a account

管理者は手動でアカウントを作成します

このプロセスは手動認証と呼ばれ、サイトではデフォルトで有効になっています。特定のフィールドをロックしたり、パスワードの有効期限を設定したり、その他の設定を「サイト管理>プラグイン>認証>手動アカウント」から構成したりできます。

管理者は、 サイト管理>ユーザー>アカウント>新しいユーザーの追加 からユーザーを1つずつ追加できます。詳細については、ドキュメント新しいユーザーを追加を参照してください。

また、 サイト管理>ユーザー>アカウント>ユーザーのアップロード からCSVファイルを使用してユーザーをバッチでアップロードすることもできます。詳細については、ドキュメントユーザーのアップロードを参照してください。

CSVファイルは、ユーザーをコースおよびそれらのコース内のグループに直接アップロードします。以下の例では、新しい生徒がサイトに追加され、英語と数学の2つのコースの指定されたグループに登録されています。 (コースはすでに存在している必要がありますが、グループがまだ存在しない場合は、Moodleがアップロード時に作成します。)

新しいユーザーがサイト、コース、グループに追加された

ユーザーは、コーホート(サイトまたはカテゴリー全体のユーザーのバッチ)のメンバーとして追加することもできます。詳細については、コーホートを参照してください。

他のシステムからユーザーを追加する

ユーザーが他のシステムからシングルサインオンを介してMoodleに接続することは可能です。これらの設定は、「サイト管理>プラグイン>認証>認証の管理」にあり、次のものが含まれます。