モジュール共通設定

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

多くのモジュールの設定ページには、"モジュール共通設定" というセクションがあります。これは、多くのモジュールに共通の設定を指します。

利用

利用設定には最大3つのオプションがあります(サイトの管理で管理者が 'ステルス活動を許可する' を有効にするかどうかによって異なります)。

コースページに表示する
活動またはリソースは学生が利用できます(設定されているアクセス制限がある場合)。
学生から隠す
活動またはリソースは、非表示の活動を表示する権限を持つユーザーのみが使用できます(デフォルトでは、教師または編集権限のない教師のロールを持つユーザ)。
コースページに表示せずに利用可能にする
コースページを簡略化するため。活動またはリソースへのリンクは、ページリソースなどの他の場所から提供する必要があります。活動はまだ評定表やその他のレポートに記載されています。

ステルス活動も参照してください。

(3.3より前のバージョンのMoodleでは、'可用性' 設定は '可視' と名付けられていました。)

IDナンバー

IDナンバーを設定すると、評定を計算する目的で活動を識別する方法が提供されます。活動が評定計算に含まれていない場合は、IDナンバーフィールドを空白のままにすることができます。

IDナンバーは、評定者レポートの成績計算ページの編集でも設定できますが、コースコンテキストのモジュールの更新活動ページでしか編集できません。

IDナンバーは、他のモジュールやプラグインでも使用できます。

グループモード

グループはコースレベルで設定されます。 コースグループモードがオンで、強制がなしに設定されている場合、グループモードは、活動レベルの3つのレベルのいずれかになります。

グループなし
グループはなく、すべての学生が1つの領域で個別の活動を提出します。
分離グループ
学生は活動を送信し、教師/トレーナーはグループごとに提出物を並べ替えたり、すべての参加者を表示したりできます。
可視グループ
すべての学生が1つの課題領域内で課題を提出しますが、アップロードする前に、提出を関連付けるグループを選択できます。教師/トレーナーは、提出物をグループで並べ替えたり、すべての参加者を表示したりできます。

グルーピング

グルーピングは、コースレベルで設定されたグループのコレクションです。

こちらもご覧ください

モジュール共通設定は、

その他の地域