メディアの埋め込み

移動先: 案内, 検索

Moodleはビデオとサウンドファイルの埋め込みを非常に簡単にします。メディア(オーディオとビデオ)は、コースページに直接ドラッグアンドドロップしたり、ファイルリソースとして追加したり、URLリソースとしてリンクしたりでき、Moodleのテキストエディタにも表示されます。 Attoエディタを使用すると、エディタからサウンドとビデオを直接記録するオプションなど、メディアファイルに追加のオプションが提供されます。

ビデオとサウンドファイルをAttoエディタに埋め込む方法については、ビデオオーディオを参照してください。

マルチメディアプラグインフィルタを有効にする必要があります。そうすると、サイト管理の 'メディアプレイヤの管理' から特定のプレイヤを有効または無効にできます。

デフォルトのプレイヤVideoJSプレイヤはサポートします

    • (ビデオ)mov、.mp4、.m4v、.mpeg、.mpe、.mpg、.ogv、.webm、.flv、.f4v
    • (オーディオ).mp3、.aac、.flac、.m4a、.oga、.ogg、.wav

その他の利用可能なプレイヤは次のとおりです。

  • YouTube(YouTubeでホストされているビデオを表示します)
  • Vimeo(vimeoでホストされているビデオを表示します)
  • フラッシュアニメーション(.swf)
  • HTML5ビデオ
  • HTML5オーディオ

ビデオのデフォルトの幅と高さは、管理者が 'メディアプレイヤの管理' ページから設定できます。 AttoエディタのMoodleメディアボタンから動画を追加する教師も幅と高さを指定できます。