マークダウンの高度な使用法

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

改行

文章によっては、例えば詩や節回しなど、改行を入れる必要がある場合があります。このような場合、リターンキーで改行しようとすると、デフォルトでは行が連結されて段落が作成されてしまうため、意図した効果が得られません。

The best laid schemes o' Mice an' Men,
Gang aft agley,
An' lea'e us nought but grief an' pain,
For promis'd joy!

上記の入力で、Enterキーを使って改行を入れると、そのような改行は無視され、次のような出力が得られます:

The best laid schemes o' Mice an' Men, Gang aft agley, An' lea'e us nought but grief an' pain, For promis'd joy!

しかし、各行をスペース2つで終わらせることで、以下のように強制的に改行させることができます:

The best laid schemes o' Mice an' Men,
Gang aft agley,
An' lea'e us nought but grief an' pain,
For promis'd joy!

水平方向のルール

アスタリスク(*)、ハイフン(-)、アンダースコア(_)を3つ以上単独で行に配置することで、水平方向の規則を作成することができます。

これは機能します:

***

しかし、テキスト編集ウィンドウでより明らかにセクションを改行するために、スペースやさらなる文字を追加することができます。

* * * * *
-------------------------
_ _ _ _ _

これらの方法は、いずれも水平方向のルールを与えるものです。

テーブル

マークダウンで簡単なHTMLテーブルを作成することができます。以下はその例です:

Name    |   Age
--------|------
Fred    |   29
Jim     |   47
Harry   |   32
Name Age
Fred 29
Jim 47
Harry 32


セルの内容には、通常の書式を適用することができます。水平バーの左または右にコロンを追加することで、列を左または右に揃えることができます(追加の手順を参照してください)。

定義リスト

定義リストは、用語とその定義で構成されています。むしろ辞書のようなものです。簡単な例を挙げると、次のようになります。

Moodle
:   有名なオンライン学習プラットフォーム
PHP
:   スクリプト言語の一つ。
   主にインタラクティブなWebアプリケーションの開発に使用されます。
Moodle
有名なオンライン学習プラットフォーム
PHP
スクリプト言語の一つ。主にインタラクティブなWebアプリケーションの開発に使用されます。

脚注

脚注には2つの要素があります。上付き文字番号になるテキスト中のマーカーと、ドキュメントの最後に表示される脚注の定義です。以下は簡単な例です:

拙著でお読みください。[^1]
[^1]: 私の本についてのすべて。

脚注の定義は、好きな場所に配置することができます。本文中でリンクされている順にリストアップされます。同じ脚注に2つ以上のリンクを張ることはできません。

HTMLの埋め込み

もしあなたがすでにHTMLに精通しているならば、マークダウンはあなたが慣れているほどにはコントロールできないかもしれません。幸運にも、マークダウンはこのような事態のために設計されており、Markdownフォーマットされたテキスト内に直接HTMLを埋め込むことが可能です。

HTMLマークアップは、箇条書きのためのマークダウンコードと共存していることに注意してください。これにより、段落やリストなどの基本的なフォーマット機能のために複雑なHTMLを書くというありふれた作業から解放され、同時に特定の状況下でHTMLのフルパワーにアクセスすることが可能になります。

HTMLや整形済みのテキストを表示する

入力したHTMLをHTMLとして処理するのではなく、入力したとおりに表示させたい場合は、各行の先頭に4文字のスペースを入れてください。

<p>A paragraph in <b>HTML</b> displayed as code</p>

これは、コンピュータコードの表示にも有効です:

print "Command-line arguments: (@ARGV)\n";

このフォーマットはしばしばコンピュータプログラムのリストや、マークダウンが異なるタイプのフォーマットを示すために使用する文字をもっともらしく含む他のテキストに使用されるため、マークダウンのフォーマットはこれらの行に対してオフにされています。

Normally this word would be **bold**.

このような文字を通常のテキストに含めるには、以下のセクションを参照してください。

特殊文字の使用

もし、マークダウンのフォーマットを起動する特殊文字を処理されずに使用したい場合、単にバックスラッシュ文字 (\) を先行させるだけでよいです。これは文字を 'エスケープ' することとして知られています。バックスラッシュは表示されませんが、その直後の文字が表示され、入力された通りになります。

\*asterisks, not emphasis\*

になります

*強調ではなく、アスタリスク*

と言うよりも

*アスタリスクではなく、強調*

になります

アスタリスクではなく、強調

関連項目

マークダウンシステムはMoodleに特有ではなく、増え続けるウェブパブリッシングツールで使用されています。詳しくは http://daringfireball.net/projects/markdown/ をご覧ください。

Moodleは "Markdown Extra" として知られる追加機能を備えたマークダウンのバージョンを使用しています。さらなる情報は http://www.michelf.com/projects/php-markdown/extra/ でご覧いただけます。