ポリシー

ポリシープラグインから転送)
移動先: 案内, 検索

ポリシーツールは、複数のポリシー(サイト、プライバシー、サードパーティ)を定義し、ユーザの同意を追跡し、ポリシーの更新とバージョン管理を管理する機能を備えた、新しいユーザサインオンプロセスを提供します。

ポリシーツールは、サイトがGDPRに準拠するのを支援するMoodleのプライバシー機能セットの一部を形成します。

ポリシーツールの有効化

ポリシーツールを有効にするには

  1. サイト管理の 'ポリシー設定' に移動します。
  2. サイトポリシーハンドラを 'ポリシー (tool_policy)' に設定します。
  3. 変更内容を保存。

次に、'プライバシーとポリシー' - 'ポリシーの管理' と 'ユーザ契約' に2つの新しいページが表示されます。

ポリシーがサイトポリシーハンドラとして設定されている場合、'サイトポリシー' および 'ゲストのサイトポリシー' の設定は無視されることに注意してください。

ポリシーの追加と管理

ポリシーと同意

管理者またはケイパビリティポリシーの管理(デフォルトではマネージャ)は、サイト管理の 'ポリシーの管理' ページにアクセスできます。

  • すべてのユーザ、認証されたユーザ、またはゲストに対して、新しいサイト/プライバシー/サードパーティ/その他のポリシーを追加します
  • 各ポリシーのアクティブ/非アクティブステータスを変更します
  • 各ポリシーに同意したユーザの数と割合を表示する
  • ポリシーを編集し、それがマイナーな変更であるかどうか(ユーザが同意を再確認する必要がない)かどうかを指定します
  • 各ポリシーの現在のバージョンと以前のバージョンを表示する
  • ポリシーがユーザに表示される順序を変更します

新しいポリシーを追加するには:

  1. サイト管理の 'ポリシーの管理' に移動します。
  2. '新しいポリシー' ボタンをクリックします
  3. フォームに記入して変更を保存します。

一度作成したポリシーは編集したり、非アクティブに設定したりできますが、ユーザが同意した場合は削除できません。

ポリシータイプ(サイト/プライバシー/サードパーティ)は、フッタにリンクされている 'ポリシー' ページにのみ表示され、動作はすべてのポリシータイプで同じです。

ポリシーに同意する

ポリシーに同意する

すべてのユーザ(管理者を除く)は、サイトに進む前に、“認証済みユーザ” または “すべてのユーザ” のいずれかに対して定義されたすべてのポリシーに同意する必要があります。

新しいポリシーが追加された場合、すべてのユーザは次回ログイン時に同意する必要があります。同様に、既存のポリシーが編集され、マイナーな変更としてマークされていない場合、すべてのユーザは同意する必要があります。次のログイン。

サイトで自己登録が有効になっている場合、新規ユーザは、サインアップフォームに進む前に、すべてのポリシーに同意する必要があります。サイト管理の 'プライバシー設定' で同意年齢のデジタル確認(Moodle 3.4.2以降の新しい設定)が有効になっている場合、新しいユーザが '新しいアカウントの作成' ボタンをクリックすると、年齢と国を入力するように求められます。ユーザの年齢が自国の同意年齢よりも低い場合は、親/保護者にサポート連絡先(サイト管理の 'サポート連絡先' で指定)に連絡するように求めるメッセージが表示されます。

ゲストのポリシー

ゲストのポリシーモーダルウィンドウ

ユーザが ゲストとしてログインすると、モーダルウィンドウがユーザのブラウザウィンドウの下部に表示され、ゲストまたはすべてのユーザに対して定義されたすべてのポリシーへのリンクが示されます。

未成年者

未成年者はサイトでそれ以上進むことができません

「未成年者」と呼ばれるデジタル同意の年齢より若いユーザは、ケイパビリティポリシーに同意する。その後、誰かが彼らに代わって同意を与えることができるまで、彼らはサイト上でそれ以上進むことができなくなります。

ユーザの過半数が未成年者であるサイト

未成年者であるためにユーザがポリシーに同意することを禁止するには:

  1. サイト管理の 'ロールを定義する' に移動します。
  2. 認証されたユーザの役割を編集し、 ポリシーに同意する禁止する。
  3. 変更内容を保存。

未成年者ではない教師やその他のユーザがポリシーに同意できるようにするには、次の手順に従います。

  1. サイト管理の 'ロールを定義する' に移動します。
  2. '新しいロールを追加する' ボタンをクリックします。
  3. ロールに '同意を与えることができる' などの名前、短い名前、説明を付けます。
  4. このロールが割り当てられる可能性のあるコンテクストタイプの場合は、システムにチェックマークを付けます。
  5. フィルタボックスにポリシーを入力し、ケイパビリティ、ポリシーに同意するを許可します。
  6. 'このロールを作成する' ボタンをクリックします。
  7. サイト管理の 'システムロールの割り当て' に移動します。
  8. 割り当てる '同意を与えることができる' ロールを選択します。
  9. 潜在的なユーザリストで教師と他のユーザを選択し、左向きの矢印ボタンを使用してそれらを既存のユーザリストに追加します。

未成年者が少ないサイト

未成年者であるためにユーザがポリシーに同意することを禁止するには:

  1. サイト管理の 'ロールを定義する' に移動します。
  2. '新しいロールを追加する' ボタンをクリックします。
  3. ロールに 'デジタルマイナー'、短い名前、説明などの名前を付けます。
  4. このロールが割り当てられる可能性のあるコンテクストタイプの場合は、システムにチェックマークを付けます。
  5. フィルタボックスにポリシーを入力し、ポリシーに同意するケイパビリティを禁止します。
  6. 'このロールを作成する' ボタンをクリックします。
  7. サイト管理の 'システムロールの割り当て' に移動します。
  8. 割り当てる 'デジタルマイナー' ロールを選択します。
  9. 潜在的なユーザリストで未成年者を選択し、左向きの矢印ボタンを使用して、それらを既存のユーザリストに追加します。

ユーザ同意

未成年者を表示するようにフィルタリングされたユーザ契約

管理者またはケイパビリティユーザ契約レポートの表示(デフォルトではマネージャ)は、サイト管理の 'ユーザ同意' ページにアクセスできます。

  • ユーザの同意を表示する
  • ポリシー、パーミッション、ステータス、またはロールでフィルタリングする
  • 未成年者に代わって同意する
  • テーブルデータをダウンロードする

特定のポリシーのユーザ同意は、同意列のリンクをクリックして 'ポリシーの管理' ページから表示することもできます。

他のユーザに代わって同意を与える

管理者またはケイパビリティ他の誰かに代わってポリシーに同意するは、未成年者に代わって、または書面による同意がオフラインで取得されたときに同意を与えることができます。

複数のユーザに代わって同意を与える

コメント付きの同意の記録

管理者などのシステムコンテクストで、他の誰かに代わってポリシーに同意するケイパビリティを持つユーザは、次のように複数のユーザに代わって同意を与えることができます。

  1. サイト管理の 'ユーザ同意' に移動します。
  2. 必要に応じて、'パーミッション:同意できません' でフィルタリングします。
  3. 複数のポリシーに同意するには、選択したユーザの名前の横にあるチェックボックスをオンにして、同意ボタンをクリックします。
  4. 単一のポリシーに同意するには、ユーザ名の横にある赤い十字をクリックします。

他のユーザに代わって同意を与える場合、いくつかのコメントを追加する機会があります。 全体列のリンクをクリックすると、誰がいつ同意したかについての詳細とコメントが表示されます。

一括で同意することはまだできませんが、回避策は、ページのすべてのチェックボックスをオンにするためにブラウザ拡張機能をインストールして使用することです。

子供に代わって同意を与える

ケイパビリティユーザコンテクストで他の誰かに代わってポリシーに同意するを与えることにより、子供に代わって同意を与えることが許可される場合があります。ロールを作成して保護者を学生に割り当てる方法の詳細については、親ロールを参照してください。親または保護者は、次のように同意を与えることができます。

  1. 子供のプロフィールページに移動します。
  2. リンク 'ポリシーと合意' をクリックします。
  3. ポリシー名の横にある赤い十字をクリックします。

ケイパビリティ