フィルタ設定

移動先: 案内, 検索

サイト管理設定

一般的なフィルタ設定

サイト管理者は、「設定 > サイト管理 > プラグイン > フィルタ > 共通フィルタ設定」で次の設定を変更できます。

  • テキストキャッシュの有効期間-テキストフィルタは、分析に多くのプロセッサ能力を必要とします。コース数が多い場合、フィルタによってシステムが遅くなる可能性があります。テキストキャッシュの有効期間は、フィルタが実行される頻度を決定します。頻繁に実行するように設定すると、システムが遅くなる可能性があります。あまり頻繁に実行しないように設定すると、新しいコンテンツの分析に時間がかかりすぎ、ユーザーが気付くでしょう。サーバーの正しい時間を見つけるために実験する必要があります。
  • アップロードされたファイルをフィルタする-この設定により、アップロードされたファイル(HTMLおよびテキストのみ)をフィルタシステムで処理できます。何もフィルタリングしないか、HTMLのみをフィルタリングするか、すべてのファイルをフィルタリングするかを選択できます。
  • フィルタはページごとに1回一致-この設定は、用語集、活動、リソースリンクフィルタに影響します。 yesに設定すると、ページ全体の最初の一致のみがリンクに変換されます。他のすべては無視されます。
  • フィルタはテキストごとに1回一致-この設定は、用語集、活動、およびリソースリンクフィルタに影響します。 yesに設定すると、個別のテキストブロックの最初の一致のみがリンクに変換されます。そのテキストブロック内の他のすべては無視されます。
  • すべての文字列をフィルタする-Moodle 1.9(多言語フィルタでのみ機能)のすべての文字列フィルタの共通フィルタ設定は、フィルタの管理の「適用」設定に置き換えられました。

ファイル活動モジュールの設定

サイト管理者は、「アドミニストレーション > サイト管理 > プラグイン > 活動モジュール > ファイル」で次の設定を変更できます。

  • ファイルコンテンツにフィルタを使用する-これは、HTMLおよびXHTMLページのコンテンツに適用されます。

xhtmlfilters.png

こちらもご覧ください