ファイルリソース

移動先: 案内, 検索

ファイルの追加

Moodleは、教師がワード処理されたドキュメントやスライドショーのプレゼンテーションなどの資料を学生に提示するための簡単な方法を提供します。すべてのタイプのファイルはMoodleを介してアップロードおよびアクセスできますが、学生はそれらを開くことができるように正しいソフトウェアを持っている必要があります。以下のように、さまざまなファイルタイプがさまざまなアイコンで表示されます。

コースページに表示されるファイル

ファイルは、コンピューターやUSBドライブなどの外部ソースからアップロードするか、コースページに直接ドラッグアンドドロップすることで追加できます。どちらのオプションでも、編集をオンにする必要があります。

スクリーンキャスト ファイルのドラッグアンドドロップ および ファイルのアップロード は、ファイルの追加について簡単に紹介しています。また、ドキュメント ファイルリソースの設定 は、必要に応じてより詳細な情報が記載されています。

ファイルをドラッグアンドドロップするには、ファイルをクリックしたまま(下図1)、選択したセクション(下図2)にドラッグして放します。ファイルがアップロードされ、(下図3)が表示されます。

ファイルのドラッグアンドドロップ

注: 学生がファイルをどのように表示するかは、ファイルの種類とその表示設定によって異なります。表示設定の詳細については、ドキュメントファイルリソースの設定をご覧ください。

例として、アップロードされたスライドショープレゼンテーションは、'ショー' として保存された場合でも、ホワイトボードのように再生されません。学生はそれをダウンロードするように促されます。 (回避策は、プレゼンテーションをスライド共有サイトにアップロードして埋め込むことです。)

GoogleドライブとOneDriveからのファイル

管理者がGoogleドライブリポジトリOneDriveリポジトリで機能を有効にしている場合、教師はGoogleドライブまたはOneDriveからファイルを選択し、'アクセス制御リンク' として表示できます。学生はファイルを表示できますが、教師は必要に応じてファイルを編集できます。この方法は、頻繁に更新する必要のあるファイルを表示するのに便利な方法です。ただし、OneDriveのファイルは、埋め込まれていると正しく表示されないことに注意してください。

TeacherAccessControlledLink.png

関連項目