ファイルをUTF-8にコンバートする

移動先: 案内, 検索

Moodle 1.6


カスタム言語パック、またはサードパーティモジュールの言語ファイル等は、Moodle 1.6のUTF-8データベースで使用する前に、UTF-8にコンバートする必要があります。

*nix likeコンピュータ (Mac OS Xを含む)

一般的にUnix、Linux、Macの「iconv」コマンドを使用してコンバートします。

iconv -f original_charset -t utf-8 originalfile > newfile

Windowsコンピュータに関する説明もご覧ください - ここでのスクリプトは*nixコンピュータのものですが、cygwin環境で使用します。

Windowsコンピュータ

Windowsでは、UTF-8へのコンバートに3つの方法があります。

方法1

  • フラットファイルをサクラエディタ (http://sakura_editor.at.infoseek.co.jp/) で開いてください。
  • ファイル(F) >> 名前を付けて保存(A) を選択してください。
  • 文字コードセットをUTF-8、改行コードをLF (Unix) にしてください。
  • 保存(S) をクリックして、ファイルを保存してください。

または

  • フラットファイルをPSPad (http://www.pspad.com) で開いてください。
  • Formatメニューをクリックして、UTF-8を選択してください。
  • ファイルを保存してください。

方法2

Windowsバージョンのiconvプログラムをダウンロードしてください。「Complete package, except sources」をダウンロードして、セットアッププログラムを実行してください。実行ファイルは、binfフォルダに入っています。実行ファイルをコマンドプロンプトから実行 (スタート >> ファイル名を指定して実行(R) >> 名前(O)) して、上記インストラクションに従ってください。

方法3

Windows用Linux-like環境のCygwinでiconvコマンドを実行することにより、コンバージョンすることもできます。以下、WindowsでCygwinを使用したコンバージョンの例です:

  • ToUtf8.txtという名称のテキストファイルを作成してください。
  • 作成したテキストファイルに次のコードを記述してください。
#!/bin/bash
FROM=iso-8859-1
TO=UTF-8
ICONV="iconv -f $FROM -t $TO"
# Convert
find ToUTF/ -type f -name "*" | while read fn; do
cp ${fn} ${fn}.bak
$ICONV < ${fn}.bak > ${fn}
rm ${fn}.bak
done

あなたの環境に応じて、下記2点を変更してください:

  1. 「FROM」は、あなたのファイルのオリジナルエンコーディングです。
  2. 「ToUTF」は、コンバートするファイルが入っているフォルダ名です。フォルダには、サブフォルダを含むことができます。忘れずにファイルをバックアップしてください!
  • Cygwinを開始してください。
  • cd foldername, cd.., ls コマンドを使って、ToUtf8.txtおよびToUTF8フォルダが入っているフォルダに移動してください。
  • sh ToUtf8.txt と入力してスクリプトを実行してください。あなたのファイルがコンバートされます。