バッジの設定

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

ユーザの個別設定

  • ユーザは ナビゲーション > 自分のプロフィール > 自分のバッジ からバッジの管理ができます。
  • ユーザは ナビゲーション > 現在のコース > バッジ から利用可能なコースバッジを見ることができます。
コースバッジの表示

他のユーザのバッジを見る

学生は ナビゲーション > 参加者 で選択したユーザのコースプロファイルをクリックすることで、他の学生のコースバッジを見ることができます。バッジはショート(コース)プロファイルに表示されます。

コース管理の設定

  • 管理者が サイト管理 > バッジ設定 でコースバッジを有効にした場合、教師は自分のコースにバッジを追加・管理することができます。
  • バッジは管理や追加することができ、コース管理 > バッジ にバッジへのリンクが表示されます。

サイト管理者設定

  • バッジはデフォルトで有効になっていますが、サイト管理の '拡張機能' で無効にすることができます。(ただし、バッジが付与された後にこの機能を無効にしても、外部のバックパックでバッジが確認されることはありません。)
  • バッジのサイト設定は、サイト管理の 'バッジ' にあります。
  • 'バックパック設定' から、アクティブな外部バックパックを選択できます。

デフォルトのバッジ発行者

ここでは、バッジ発行者の名前とメールアドレスを設定します。この名前はバッジが表示される場所に表示され、通常は組織の名前になります。

取得者のメールアドレスをハッシュするためのSalt

ハッシュ(数字と文字のみ)を使用すると、バックパックサービスはメールアドレスを公開することなくバッジ取得者を確認することができます。

コースバッジを有効にする

このボックスにチェックを入れると、教師は自分のコースにバッジを追加・管理できるようになります。

バックパックの設定

Moodle 3.7以降では、ユーザが接続する外部バックパックとして badgr.io を設定する必要があります。

2019年8月、Mozilla Open BadgesサービスがBadgrに移行しました。Open Badgesのユーザは、Open BadgesからBadgrへのバッジの移行を促す通知メールを受け取ることになります。

  • 新しい 3.7 サイトでは、以下に説明するように、アクティブな外部バックパックとして badgr.io を設定する必要があります。
  • Open Badgesバックパックに接続していたユーザがいるアップグレード済みの3.7サイトでは、アクティブな外部バックパックを badgr.io に変更し、以下のように Badgr バックパックを有効にする必要があります。この変更が行われるまで、ユーザは自分のバックパックに接続したり、プロフィールにバックパックのバッジを表示したりすることができません。ユーザはバックパックの設定ページに移動し、backpack.openbadges.org から切断した後、 Badgr バックパックに接続する必要があります。

アクティブな外部バックパックとしてのBadgrの有効化

アクティブな外部バックパックとして Badgr を有効にするには、まず https://badgr.io にアカウントを作成する必要があります(ここでは 'Badgr管理者アカウント' と呼びます)。アカウントの電子メールアドレスとパスワードは、あなたのMoodleサイトに入力する必要があります。

  1. サイト管理 / バッジ / バックパック設定 にアクセスし、サイトのバックパックを https://badgr.io に設定します。
  2. サイト管理 / バッジ / バッジ設定 に移動し、バッジ発行者のメールアドレスを Badgr 管理者アカウントのメールアドレスに設定し、変更を保存します。
  3. サイト管理 / バッジ / バックパックを管理する に移動し、 badgr.io バックパックの設定を編集し、Badgr 管理アカウントのパスワードを入力し、変更を保存します。

https://badgr.io のアカウントを持つユーザは、次のようにして Badgr のバックパックに接続することができます。

  1. ユーザメニュー(右上)で「プリファレンス」を選択し、バッジの 'バックパック設定' を選択します。
  2. Badgr ユーザアカウントのメールアドレスとパスワードを入力してください。
  3. メールボックスで検証メールを探し、リンクをコピー&ペーストして、バックパックへの接続を検証してください。

注: サイトでアクティブな外部バックパックとして badgr.io が設定されていると、badgr.io のアカウントを持つユーザのみがバックパックに接続できます。ユーザは、eu.badgr.io、ca.badgr.io、au.badgr.io のアカウントを使用することはできません。したがって、現時点では、各ユーザは https://badgr.io でアカウントを作成し、ロケーションの選択を求められたら 'US' を選択する必要があります。

バックパックの管理

新機能
Moodle 3.x!
Moodle 3.9以降では、サイト管理 / バッジ / バックパックを管理する で新しいバックパックを追加 (または削除) することができます。

バッジのケイパビリティ

バッジにはいくつかのケイパビリティがあります。

関連項目