チャットの使用

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

このページでは学生と教師がどのようにチャット活動を使用するか説明し、あなたのMoodleコースで最大限に活用する方法を探ります。

チャットへの参加

CourseChatEntering.png
  • コースページのチャットリンクをクリックすると、2つまたは3つのオプションが表示されます。
    • ここをクリックしてチャットルームに入室する - 選択したサイトのデフォルトのチャット方法(例えばAjaxなど)を使用してチャットに参加します。
    • アクセシビリティの高いインターフェースを使用する - フレームやjavascriptを使用しない、よりシンプルなチャットルームを提供します。
AccessibleChat.png
    • 過去のセッションの表示 - この機能が有効で、ユーザが過去のチャットセッションの表示を許可されている場合は、過去のセッションのリストとチャットへのリンクが表示されます。

チャットセッションへの参加

  • 通常の画面では、右に参加者、左にメッセージ、下にボックスがあり、ユーザはメッセージを入力して "送信" ボタンを押すことで投稿することができるようになっています。
Ajax chat screen
  • "送信" ボタンの横にある "テーマ" をクリックすると、メッセージのアピアランスを変更することができます。デフォルトのコーステーマの他に、2つのテーマが用意されています。
  • *注意:* チャット中にテーマを変更すると、それまでのメッセージは削除されます。

'バブル' は以下のようになります。

Bubbles theme

'コンパクト' は以下のようになります。

Compact theme

チャットの機能

スマイリー
あなたがMoodleの他の場所で入力できるスマイリーフェイス(顔文字)は、ここでも入力でき、正しく表示されます。Wikipedia list of emoticons をご覧ください。
リンク
インターネットのアドレスが自動的にリンクになります。
感情
行頭に /me と入力すると、感情が表現できます。例えば、あなたの名前がKimで、/me laughs!と入力した場合、誰もが "Kim laughs!"と見ることができます。
ビープ
相手の名前の横にある "ビープ" リンクをクリックすると、他の人に音を送ることができます。チャットに参加しているすべての人に一度に音を鳴らすには、"beep all" と入力すると便利です。Safariユーザは、特定のサイトでサウンドを許可する必要があるかもしれません。Linuxユーザの方は、サウンドを再生するためにブラウザのプラグインをインストールする必要があります。
トーク
人の名前の横にある 'トーク' リンクをクリックすると、その人の名前がチャットボックスに追加され、以下のように、あなたのメッセージがその人に向けられたものであることを示します。 'Mary said to Brian Franklin...'
HTML
HTMLコードを知っていれば、画像を挿入したり、音を鳴らしたり、色や大きさの異なるテキストを作成したりすることができます。

チャットウィンドウのスクロール

サイト管理画面でチャット方法(chat_method)がAjaxに設定されている場合(デフォルト)、チャットウィンドウからマウスを離すと、チャットウィンドウのスクロールが自動的に止まります。

チャット方法がNormalに設定されている場合は、入力テキストボックスの横に自動スクロールチェックボックスがあり、これをオフにすることでスクロールしなくなります。

チャットレポート

  • 過去のチャットを見るには、'過去のチャットセッションを表示する' をクリックしてください。

教師は、歯車のアイコンである「アクション」メニュー(ブーストテーマ)や「コース管理」(クラシックテーマ)からも過去のチャットセッションにアクセスできます。

BoostPastChatSessions.png
  • 現在のチャットトピックの下にある各チャットセッションのリストが表示されます。 このリストには、チャットの開始と終了の時間、どのユーザが参加したか、各ユーザが何通のメッセージを送ったかなどが表示されます。各セッションは '削除' リンクをクリックすることで削除できます。
Chat04.png

'このセッションを見る' をクリックすると、そのチャットのトランスクリプトが表示されます。

Chat transcript
  • 学生が過去のセッションを見るためには、教師または管理者が、過去のチャットセッションを全員が閲覧できるように設定する必要があります。 詳しくはチャットの設定ページをご覧ください。

チャットセッションのエクスポート

参加したチャットセッションをエクスポートする または チャットセッションのエクスポート のケイパビリティを持つユーザは、過去のチャットセッションを管理者が有効にしているポートフォリオにダウンロードまたはエクスポートすることができます。ポートフォリオが有効になっていない場合、ユーザにはチャットセッションの "エクスポート" のリンクは表示されません。

ExportChat.png

なぜチャットを使うのか

  • チャットはリアルタイムで行われるという点でフォーラムより優れています。チャットをしているグループが顔を合わせることができない場合に特に有効です。例えば、以下のようなものがあります。
    • 大規模なキャンパスや分割されたキャンパスのスタッフが、学生やカリキュラムに関する問題を議論するための定期的なミーティング。
    • オンラインコースを受講している学生が、同じコースを受講している他の学生と経験を共有するための定期的なミーティング。
    • 教師が学校を休んでも学生と一緒に仕事をする。
    • 一時的に出席できない学生が、チュータとチャットをして仕事の遅れを取り戻す。
    • 就業体験に行った学生が、お互いの経験をチュータと話し合う。
    • 若い子が夜に家でチャットを使って、コントロールされた(監視された)ソーシャルネットワーキングの世界を紹介している。

チャットを使ってはいけない理由

  • チャットルームにチュータやモデレータが常駐していない限り、また、チャットが隠されていて一定時間ごとに表示されるようになっていない限り、チャットが始まってからの発言をコントロールすることは困難です。
  • 特に若い学生は、タスクに集中することが難しく、役に立たないコメントを追加したり、目的のために他の人を "ピーピー" 鳴らしたりする傾向があります。
  • いくつかの状況では、投稿する前に熟考することができ、投稿を編集する期間を設けることができるフォーラムが好ましいかもしれません。

関連項目

学校のデモサイトからのチャットの作業例。ユーザ名 "student"、パスワード "moodle" でログインして、チャットを試してみてください。あなたは自分自身に向かってチャットしているかもしれませんが :)