カートの共有

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

バージョン履歴

新規>> 3.8.3の共有カートがリリースされました、2020.04.15

  • ブロック:共有カート1.9リリース1-2008.10.15
  • ブロック:共有カート1.9リリース2-2009.02.19
  • ブロック:共有カート1.9リリース3-2009.03.16
  • ブロック:共有カート1.9リリース4-2009.04.14
  • ブロック:共有カート1.9リリース5-2009.04.24
  • ブロック:共有カート1.9リリース6-2009.06.22(Moodlelang.orgリポジトリへのアップロード/ダウンロード)
  • ブロック:共有カート1.9リリース8-2009.09.18(Moodleバージョン1.9.5以降のアップデート)
  • ブロック:共有カート1.9リリース9-2009.11.30(カートの一括削除/空の機能を追加)
  • ブロック:共有カート1.9リリース10-2009.12.28(Moodleバージョン1.9.7の更新、ヘルプの改訂)
  • ブロック:共有カート1.9リリース11-2010.01.26(共通モジュール設定は保持され、アイコンはテーマに従います)
  • ブロック:共有カート1.9リリース12-2010.02.12(リリース11で導入された欠落ファイルのバグを修正、Moodle 1.9.9でテスト済み)
  • ブロック:共有カート1.9リリース14-2010.09.30(共有カートがグレードモジュールからグレードカテゴリを削除するマイナーなバグを修正)
  • ブロック:共有カート1.9リリース15-2012.05.29(Postgresをサポート)
  • ブロック:共有カート1.9リリース16-2012.12.05(スティッキブロックをサポート)
  • ブロック:共有カート2.1ベータリリース-2011.07.31
  • ブロック:共有カート2.2リリース1-2012.04.26(複数のアイテムがSCにコピーされ、最初のアイテムのみがSCからコピーされるバグを修正)
  • ブロック:共有カート2.2リリース2-2012.09.04(このバージョンはMoodle 2.3にも対応しました)
  • ブロック:共有カート2.3リリース1-2012.09.13(新しいオプション:用語集、フォーラム、wiki、データベース活動でのユーザデータの移動)
  • ブロック:共有カート2.4リリース1-2012.12.05(Moodle 2.4の新しいAPIが共有カート2.3管理設定を非表示にしているため、更新を推奨)
  • ブロック:共有カート2.5(Emma Richardsonはカートの共有2.4がMoodle 2.5で問題なく動作すると報告しています)
  • ブロック:共有カート2.6リリース1-2014.01.07(Moodle 2.6の新しいバックアップ形式をオフにする必要があります。この新しい形式で作成された共有カートのコピーは削除して再作成する必要があります。)
  • ブロック:共有カート2.6リリース1、パッチ2-2014.02.14(新しいバックアップ形式のチェックを外す必要はありません)
  • ブロック:共有カート2.6リリース1、パッチ3-2014.02.24(修正されたAMOSパーサーエラー)
  • ブロック:共有カート2.6リリース1、パッチ5-2014.06.06(AJAXエラーメッセージを解決)
  • ブロック:共有カート2.6リリース1、パッチ6-2014.09.12(後でMoodle 2.8.5以降でテスト済み)
  • ブロック:共有カート2.9リリース1-2015.06.25(test_coreへの関数変更を修正)... +今後4年間でさらに変更
  • ブロック:共有カート3.6リリース1 2019.06.25からリリース11 2020.0310(セクションコピー、データ付きコピーを含む多くの変更)
  • ブロック:共有カート3.8リリース1-2020.03.15(多くのインターフェースの改善-以下にリスト)
  • ブロック:共有カート3.8リリース2-2020.03.31(Firefoxがアイコンを正しく表示しないバグを修正)
  • ブロック:共有カート3.8リリース3-2020.04.15(セクションのコピーが一貫していないバグを修正)
  • 3.8でのUIの改善:
**Icons converted to font-awesome. 
**Dropzones for moving are just empty white spaces. 
**Match dropzones when copying activity to section. 
**When expanding folders, it's easier to see which files belong there. 
**Labels with images now resize and just add the fullsize image. 
**Alerts/Confirm boxes should be modals. 
**Bulkdelete has a layout overhaul. 
**Loading boxes match moodle better. 
  • 3.8のバグ修正:
**When changing groupmode, or duplicating activity, the sharing cart icons disappear. 
**PHP warning when adding activity to a subfolder, of an empty folder. 
**Sometimes unable to delete folders, due to duplicate names and no user check. 
  • 3.8の新機能:
**Copy section dropdown in the block, due to some course formats preventing sharing cart from adding icons.

目的

共有カートは、コースアイテムを個人ライブラリに複製するためのブロックであり、サイト上の複数のコース間でそれらのMoodleリソースおよび活動を移動する簡単な方法です。 3回クリックするだけで、共有カートは1つのコースアイテムを1つのコースから別のコースにコピーして移動します。コース管理の インポート 機能と同様に、ユーザデータなしでコピーします。バージョン2.3以降、フォーラム、Wiki、用語集、データベースのユーザコンテンツをオプションで含めることができます。さらに、アイテムは無期限に共有カートに収集および保存でき、複製に利用できる、頻繁に使用されるコースアイテムのライブラリとして機能します。共有カートは、教師、コース作成者、および管理者のみが表示できます。

要件

  1. Moodleバージョン2.3.1以降。 1.9の以前のバージョンも利用可能です。
  2. Javascript / AJAX:MoodleでJavaScriptとAJAXがオンになっているブラウザが必要です。
  3. MySQL 5.1、PostgreSQL 8.4、SQL Server 2008(= MSSQL10):Postgresがサポートされるようになりました。

利用可能な翻訳

  • ドイツ語(de)
  • ヘブライ語(he)
  • スペイン語-メキシコ(es_mx)
  • 中国語
  • 日本人

インストール

  1. moodle.orgプラグインディレクトリから自動ダウンロード/アップグレードできるようになりました
  2. またはGithubから最新の2.3--3.8リリースをダウンロードします
  3. Githubから1.9リリースをダウンロードします
  4. パッケージを解凍します
  5. FTPを使用して、サイトのmoodleプログラムフォルダにあるブロックフォルダを開きます
  6. sharing_cart フォルダをブロックフォルダに配置
  7. サイト管理エリアの 通知 に移動し、ボタンをクリックすると、リポジトリプラグインが有効になり、データベーステーブルが自動的に生成されます
  8. 任意のコース内で、編集をオンにする 、ブロックの 追加... に移動すると、メニューのブロックのリストに カートの共有 が表示されます。
  9. クイズの質問を共有する場合は、質問作成者という新しいシステムの役割を追加する必要がある場合があります(以下の「ロール」の注を参照)

操作

  1. オンとオフを切り替える :編集をオンにして、ブロックメニューからSharing Cartブロックを追加します。カートの共有ブロックを追加すると、次にそのコースに入ったときにブロックが「オン」のままであることがわかります。別のコースに移動したら、カートを共有するブロックをその新しいコースに追加します。次に、サイト間でコースを移動するときに、共有カートを表示できます。 「X」アイコンをクリックして共有カートを「オフ」にしますが、共有カートの内容は、再度オンにしても保持されます。
  2. 共有カートへコピー :Moodleコースの中央の列にある各リソースまたは活動の後に表示される小さな「共有カートにコピー」アイコンに気づくでしょう。そのアイコンをクリックして、そのリソース/活動のコピーを共有カートに送信します。ユーザデータは削除され、活動のみが複製されます。
  3. 共有カートからコピー :共有カート [コースにコピー]アイコンをクリックすると、中央の列に多数の点線のボックスが表示されます。アイテムを配置する場所を選択すると、そこに直接コピーされます。
  4. 共有カート内にフォルダを作成する :コースコンテンツアイテムの[移動]アイコンをクリックすると、入力ボックスが表示されます。そこに対象フォルダの名前を入力します。アイテムをフォルダに移動するには、共有カートの[フォルダに移動]アイコンをクリックすると、ドロップダウンリストが表示され、移動先のフォルダを選択します。 「編集」ボタンをクリックすると、ドロップダウンリストを入力ボックスに置き換えます。

役割

通常、カートの共有は、教師がアクセスできるコースの活動を複製します。ただし、クイズの質問には、サイトの役割に関係なく、別の権限セットがあります。したがって、Moodle 1.9で質問を共有するのが困難な場合(つまり、生徒が埋め込みオーディオまたは画像を表示できない場合)、サイト内で新しい役割を作成することをお勧めします:

  1. 新しい役割を追加-質問作成者: この役割をサイト管理者に作成>>ユーザ>>権限>>役割を定義し、すべての教師にこの役割を割り当てます(すでに持っている他の役割に加えて) 。この役割には、「コース」の下で少なくとも次の権限(権限を「許可」に設定)を付与する必要があります:活動の管理、ファイルの管理、新しい質問の追加、すべての質問の編集、質問カテゴリの編集、すべての質問の移動、すべての質問の使用、表示すべての質問。
  2. システムの質問カテゴリに質問を設定: コースまたは活動レベルのカテゴリに質問を設定すると、それらを共有できない場合があります。

ヒント1: ... 別のロールを追加する可能性があります-質問ユーザ: 生徒が質問を表示できない場合は、このロールを作成し、すべての生徒にこのロールを割り当てます。次のアクセス許可を "許可"に設定します。すべての質問を使用する、すべての質問を表示する。

メディアファイルを保存するためのより堅牢な方法のため、Moodle 2.xではこれらの追加の役割はおそらく必要ありません。

既知の問題とロードマップ

  • 最も基本的なシナリオ(アイテムのコピー)でプラグインを使用するには、ユーザが2つの機能を必要とするようです。1)復元活動(moodle / restore:restoreactivity); 2)コースを復元します(moodle / restore:restorecourse)。したがって、プログラマーと管理者は、共有カートの使用を許可するときに、このことを認識する必要があります。現在、ユーザにこれら2つの機能がない場合にスローされる例外の未解決の問題があります。
  • カートの共有2.2〜2.7は安定しており、2つのマイナーなバグがあります。作成できるフォルダーは1つだけで、Essentialテーマはカートの共有アイコンを非表示にします。フィードバックはドンヒンケルマンに直接お送りください。sgu.ac.jpのヒンケル。
  • カートの共有1.9はHotpotを含むMoodleの標準モジュール(活動とリソース)でうまく機能します。このバージョンは更新されていません。
  • バックアップ/復元が不完全な一部のサードパーティモジュールは、共有カートでは機能せず、致命的なエラーが発生する可能性があります。ここで何をすべきかです。カート/プロジェクト形式のエラーの共有

※「分割復元」を有効にする管理者設定(管理ブロック>>その他>>実験的>>分割復元)を行った場合、カートの共有が正しく動作しません。これを機能させるには、分割復元をオフにします。

  • SC 1.9では、メディアファイルは新しい複製ファイルの各インスタンスにコピーされます(移動されません)。これにより、ファイルにアクセスするための権限に関する多くの問題が解決されます。ただし、ハードディスクの容量が制限されているサイトの場合、容量がすぐにいっぱいになる可能性があります。
  • *ブロック:共有カート2.9リリース1-2015.06.25(test_coreへの関数変更を修正)
  • 将来のバージョンでは、資金提供に応じて、共有カートが著作物または著者がコピーしたくないアイテムをコピーするのを防ぐためのロックメカニズムを構築することに関心があるかどうか疑問に思います。

考慮すべき問題

  • 共有カートは、重大な問題のあるコアコードを使用しています。 MDL-12403:質問バンクでの質問を最小限に抑える-オリジナルの「単一のクイズのバックアップ/インポートには、データベース内のすべての質問が含まれます」バグ—重要。 MDL-41924:Question Bank-newで質問を最小限に抑えます。 MDL-19721:共有カートをコアに組み込みます。これらの問題への投票は、共有カートがより良いパフォーマンスとユーザ満足度を提供するのに役立ちます。
  • Moodle 1.9には、質問バンクに対する高度な権限システムがあります。質問のカテゴリは、特定の教師に限定することができます。共有カートは、質問の共有が望ましく、ほとんど制御する必要がないという前提で動作します。質問がコピーおよび複製された場合に起こり得るすべての結果を知ることはできません。たとえば、質問がもともと「コース」カテゴリに限定されていた場合、他のコースや学生と完全に共有されますか?この質問に関して見つけた問題を報告してください。以前は、「システム」レベルの質問カテゴリで質問を共有することを推奨していました。これは、Moodleのコラボレーションと共有の哲学が理由です。ただし、Moodleコアの長期にわたるバグのため、システムレベルで何千もの質問を保持すると、バックアップ/復元がクラッシュするまで、クイズのすべての共有が遅くなります。
  • 最後に、行政機関が質問や活動を高度に制御したい場合は、カートを共有するのは使いにくいかもしれません。サイトのユーザポリシーに関しては、共有権限は管理者だけでなくすべての教師に広く適用する必要があると考えています。共有に関するポリシーは、組織の文化と価値観によって異なります。

Moodle 1.9のレガシーリポジトリ接続

リポジトリ接続のセットアップ Moodle 1.9のカスタムリポジトリは2009年に作成され、共有カート1.9、リリース6と接続されました-これは1つのリポジトリ--Moodle for Language Teachingのためにのみセットアップされました。バージョン2.xでのMoodle Hubの登場により、1.9のカスタムリポジトリは不要になりました。リンクは、1.9でリポジトリを共有カートに接続するための従来の手順を示しています

メンテナ

このブロックの設計者は、日本ムードル協会のドンヒンケルマンとアンディジョンソンでした。このブロックは、Version2で大西昭夫と丸山友紀によって最初にプログラムされ、GPLの下でリリースされました。 PraxisのTue Korsgaardが2019年11月からメンテナーになり、Don Hinkelmanを支援しました。資金提供は、札幌学院大学、ウルム大学、日本言語教育学会-CALL SIG、日本ムードル協会から提供されています。他の貢献者を歓迎し、時間を寄付してくれたPraxisに感謝します。問題や提案については、共有カートgithubのこちら(https://github.com/donhinkelman/moodle-block_sharing_cart)または直接(sgu.ac.jpのヒンケル)でDonおよびTueにお問い合わせください。

こちらもご覧ください