「MP3プレイヤー」の版間の差分

移動先: 案内, 検索
(問題に音を挿入する)
(Tips and tricks)
118行目: 118行目:
 
== 見出し ==
 
== 見出し ==
  
==Tips and tricks==
+
==裏技 (Tips and tricks)==
 
===Temporarily disable the MP3 player ===
 
===Temporarily disable the MP3 player ===
 
* You can surround your link with <nowiki><nolink></nolink></nowiki> tags to stop any kind of processing including the multimedia filters that create the MP3 player. This may be useful when linking to external MP3 files with characters in their name that Flash cannot understand.
 
* You can surround your link with <nowiki><nolink></nolink></nowiki> tags to stop any kind of processing including the multimedia filters that create the MP3 player. This may be useful when linking to external MP3 files with characters in their name that Flash cannot understand.

2009年4月14日 (火) 15:03時点における版

作成中です - Mitsuhiro Yoshida 2009年3月16日 (月) 19:39 (UTC)

マルチメディアフィルタでは、Flashで作成されたストリーミングプレイヤーにMP3ファイルを埋め込みます。大きなMP3プレイヤーは、MP3ファイルのリソース追加時に使用されます。例) Moodle機能デモ: MP3ファイル。小さなプレイヤーは、HTMLエディタを使用して、フォーラム投稿、その他のリソース、活動にMP3ファイルがリンクされた場合に使用されます。

MP3プレイヤーレート

MP3が正しいレートで再生されるかどうか確認してください。11、22または44kHZのサンプルレートを使ってください。可変ビットレート (Variable Bit Rate (VBR)) ファイルよりも、固定ビットレート (Constant Bit Rate (CBR)) ファイルを推奨します。サンプルおよびビットレートは同じでありませんので留意してください。下記のMP3サンプルレートおよびMP3ビットレートをご覧ください。

MP3サンプルレート

MP3ファイルが11.025 kHzの倍数のサンプルレートにエンコードされていない場合、Flash Playerは好ましくない結果を引き起こしてしまいます。言い換えれば、受け入れられるサンプルレートは以下のようになります:

  • 11.025 kHz
  • 22.050 kHz
  • 44.100 kHz

MP3ビットレート

大部分のMP3エンコーダでデフォルトビットレートとなっている、128kbpsより高いビットレートのMP3ファイルは、Flash Playerで再生することができません。ウェブで使用するため、ダウンロードが速く、より少ないサーバディスクスペースを使用する、少ないビットレートをお勧めします。あなたが受け入れることのできるサウンドクオリティを持った小さなサイズのファイルを得るため、異なるビットレートで実験してみてください。一般的なビットレートは次のとおりです:

  • 32 kbps, mono - スピーチのみ
  • 40 kbps, mono - 音楽はOKだと思います。
  • 40 kbps, stereo - スピーチのみ
  • 48 kbps, mono - いくつかの音楽ではOKです。
  • 48 kbps, stereo - スピーチのみ
  • 56 kbps, stereo - いくつかの音楽ではOKです。
  • 64 kbps, stereo - いくつかの音楽ではOKです。

Flashセキュリティ設定

Flash Player7でのセキュリティに関する変更により、リモートサーバ内にあるMP3ファイルをMP3プレイヤーで再生できなくなりました。この問題は、リモートサーバにクロスドメインポリシーを記述すること、それぞれのユーザがFlash Playerの設定マネージャでグローバルセキュリティ設定を変更することで解決することができます。

クロスドメインポリシー

クロスドメインポリシーを作成するには、下記コードを crossdomain.xml として保存した後、保存したファイルをリモートサーバのルートに置いてください。

<cross-domain-policy>
   <allow-access-from domain="www.yourmoodlesite.org" />
</cross-domain-policy>

詳細は、Macromedia - Developer Center: Security Changes in Macromedia Flash Player 7をご覧ください。

グローバルセキュリティ設定

詳細は、Macromedia - Flash Player Help: Global Privacy Settings Panelをご覧ください。

MP3プレイヤー色

MP3プレイヤーのデフォルト色 (黒、白、灰色) を変更するためのオプションは、「theme/yourtheme/config.php」に入っています。

$THEME->resource_mp3player_colors = 
 'bgColour=000000&btnColour=ffffff&btnBorderColour=cccccc&iconColour=000000&'.
 'iconOverColour=00cc00&trackColour=cccccc&handleColour=ffffff&loaderColour=ffffff&'.
 'font=Arial&fontColour=3333FF';
/// With this you can control the colours of the "big" MP3 player 
/// that is used for MP3 resources.
$THEME->filter_mediaplugin_colors = 
 'bgColour=000000&btnColour=ffffff&btnBorderColour=cccccc&iconColour=000000&'.
 'iconOverColour=00cc00&trackColour=cccccc&handleColour=ffffff&loaderColour=ffffff&';
/// ...And this controls the small embedded player

MP3プレイバックオプション

MP3プレイヤーのプレイバックオプションを変更するためのオプションは、「theme/yourtheme/config.php」に入っています。

  • waitForPlay
    には、プレイヤーがページに表示されるとすぐにMP3ファイルのダウンロードを開始する (
    waitForPlay=no
    )、またはMP3ファイルがダウンロードされる前にPlayボタンのクリックを必要とする (
    waitForPlay=yes
    ) 設定があります。
  • autoPlay
    では、 プレイヤーがページに表示されるとすぐにMP3ファイルの再生を開始する (
    autoPlay=yes
    )、またはプレイヤーが再生を開始する前にMP3ファイルの完全なダウンロードを必要とする (
    autoPlay=no
    ) 設定があります。
  • buffer
    では、MP3プレイヤーがスタートする前、何秒の間、MP3ファイルをダウンロードする必要があるか設定します。例) 10秒 (
    buffer=10
    ).

デフォルトのプレイバックオプション

  • MP3プレイヤー (大):
    buffer=10&waitForPlay=no&autoPlay=yes
  • MP3プレイヤー (小):
    waitForPlay=yes&autoPlay=no

問題に音を挿入する

以下、Joseph Rezeau氏によるフォーラムの投稿内容です。

Moodleにメディアファイルのリンクを挿入するには、様々な方法があります。あなたができることは、以下のとおり。

  • (1) クリック時に新しいウィンドウを開いて、あなたのコンピュータのデフォルトメディアプレイヤー (例 Quicktime、Realaudio、Windows Medila Player等) を動作させるリンクを挿入します。
  • (2) または、Moodle内蔵の小さなFlashプレイヤーが自動挿入されることに依存する。
  • (3) または、両方!

マルチメディアフィルタおよびFlashを有効にしてください。問題コンテンツのため、HTMLエディタを有効にしてください。

  1. 問題テキストで、「この音声を聴いて、あなたの解答を選択してください」と入力してください。
  2. 「この音声を聴いて」を選択して、ハイライトしてください。
  3. ウェブリンクの挿入ボタンをクリックしてください。
  4. あなたのMP3ファイルのアドレスを提示してください。このアドレスは、ウェブアドレスまたは、あなたのMoodleコースのmoodledataが配置されている内部アドレスです。
  5. HTMLソースに切り替えて、結果を表示すると、次のようになります: < a href="http://moodle/file.php/2/audio/trumpet.mp3" >この音声を聴いて</a > あなたの解答を選択してください。(ファイルのネーミングに関して、下記ノートをご覧ください!)
  6. あなたの問題タイプに応じて、残りの問題データを入力してください (多肢選択問題、記述問題等)。
    1. 結果は、下記のスクリーンダンプ (3) のようになります。
  7. 学生には (最小ボタン数の) Flashプレイヤーを使用するか、コンピュータの (すべてのボタンを持った) デフォルトメディアプレイヤーを起動されるリンクをクリックする選択肢があります。

ノート: あなたが尋ねる情報が含まれていない場合、残念ながら、音にファイル名を与える方法がベストな方法となります。ページビューアがファイル名を見て、「ああ、trumpetですね!」と判断するいくつかの方法があります。

(2) Flashプレイヤーのみ表示して、外部プレイヤーを開くためのリンクを設置しない方法

  1. 問題テキストで、「この音声 xxx を聴いて、あなたに聴こえた内容を入力してください。」と入力してください。
  2. xxx を選択してください。
  3. ウェブリンクの挿入ボタンをクリックしてください。
  4. あなたのMP3ファイルのアドレスを入力してください。ウェブアドレス、またはmoodledataディレクトリ内にある、あなたのコースのディレクトリに関する内部アドレスです。
  5. HTMLソースモードに切り替えて、結果を閲覧してください。次のようになっているはずです: この音声 < a href="http://moodle/file.php/2/audio/trumpet.mp3" >xxx< /a > を聴いて、あなたに聴こえた内容を入力してください。
  6. xxxを削除してください。
  7. 結果は、下記のスクリーンダンプ (2) のようになります。
  8. 学生は、Flashプレイヤーのみ使用することができます。
音声付の小テスト問題例

見出し

裏技 (Tips and tricks)

Temporarily disable the MP3 player

  • You can surround your link with <nolink></nolink> tags to stop any kind of processing including the multimedia filters that create the MP3 player. This may be useful when linking to external MP3 files with characters in their name that Flash cannot understand.
TIP: Be careful with the no link tags or any user written HTML code. The HTML editor may eliminate some of your work if you use the HTML editor in the future. The HTML editor tries to tidy things up for the new user but this can frustrate an experienced user of HTML code.
NOTE: This does not work for something like the following inserted into a web page resource. (Add a resource > Compose a web page)

<nolink><a href="http://theExampleServer.com/file.php/55/mp3_2/mt16/The_file.mp3"> The_file.mp3</a></nolink>

関連情報