単一ファイルのアップロード

2010年5月27日 (木) 16:49時点におけるMitsuhiro Yoshida (トーク | 投稿記録)による版 (課題の再提出を許可する)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内, 検索


この課題タイプでは、学生がWordドキュメント、スプレッドシートまたは様々なデジタルフォーマットの単一のファイルをアップロードすることができます。複数のファイルの場合、ZIP圧縮した後、提出することができます。学生がファイルをアップロードした後、教師は課題を開いて、Moodleインターフェースによる評定、フィードバックとしてのコメントを投稿することができます。学生は、締め切りまで、好きなだけ繰り返しファイルをアップロードすることができます。最終のファイルのみ保持され、そのファイルを教師が評定することになります。

設定

単一ファイルのアップロードには、「課題を追加/編集する」での概要設定に加えて、以下の設定があります。

課題の再提出を許可する

デフォルトでは、教師が評定を終えた場合、学生は課題を再提出することができません。あなたがこのオプションを有効にした場合、提出課題の評定後であっても、学生による課題の再提出が (あなたにとっては再評定が) 許可されます。これは、教師が学生に対して、繰り返し作業により、さらに良い作業を実現できるよう、励ますことに有用です。

課題を再提出できるようにすることで重要な点は、「課題の再提出を許可する」設定を有効にする以外、教師が学生の課題再提出に関して、何もしないことです。課題が評定されていたとしても、古いファイルを上書きするため、ユーザに必要なことは、ファイルを再度アップロードするのみです。そして、提出課題は、必要に応じて「# 件の提出課題を確認する」ページにて、再評定することができます。

注意: Moodleでは、時々アップロードしたはずのファイルがアップロードされていないように見える場合があります - あなたがオリジナルの提出課題をダウンロードしているように見えます。これはキャッシュの問題です。Firefoxでしたら「ツール > オプション > 詳細 > ネットワーク > オフラインデータ > 今すぐ消去」、Internet Explorerでしたら「ツール > 閲覧の履歴の削除」にて、キャッシュを削除してください。キャッシュの削除により、新しいファイルが表示されます。

教師にメール通知する

有効にした場合、学生が課題を追加または更新するたび、教師にメール通知されます。

特定の提出課題を評定できる教師にのみメール通知されます。ですから、例えば、コースユーザが分離グループに登録されている場合、特定のグループに登録されている教師は、他のグループの学生による課題提出に関して、メール通知を受信することはありません。

最大サイズ

ここでは、学生が課題提出時にアップロードできるファイルの最大サイズを指定します。あなたの学生がワードプロセッサのドキュメントまたはスプレッドシートをアップロードする場合、一般的に、数メガバイトを指定するだけで良いでしょう。あなたの学生がマルチメディアプロジェクト、または多くのイメージまたはオーディオクリップを含んだ他のファイルを課題として提出する場合、アップロードを許可する最大サイズをさらに大きくする必要があります。

関連情報