TMPFS

移動先: 案内, 検索

Solarisでは:

/tmpはswapfsにマウントされ、eacceleratorのファイルを/tmp/eacceleratorに置くことは正しい選択です。再起動後、ディレクトリを再作成してください。

Ubuntu (Linux) では:

Linuxのtmpfsは、Solarisと同じように/tmpまたは他の場所で使用することができます。

mkdir /var/tmp/eaccelerator
sudo chown www-data.www-data /var/tmp/eaccelerator
sudo mount -t tmpfs tmpfs /var/tmp/eaccelerator

/etc/fstabに上記内容を記述します:

tmpfs /var/tmp/eaccelerator tmpfs defaults 0 0

下記php.iniの行を変更します:

eaccelerator.cache_dir="/var/tmp/eaccelerator"

そして、Apacheを再起動してください:

sudo /etc/init.d/apache2 restart

再起動後、/var/tmp/eacceleratorディレクトリを再作成する必要はありません。また、tmpfsは自動的にマウントされます。

もし、あなたが非常に聡明な場合、tmpfsでキャッシュされたファイルを他の場所にコピーして、Apacheが停止した時はコピーしたファイルをtmpfsに戻すこともできます。

関連情報: