自動更新適用

移動先: 案内, 検索


更新提供を有効にする (Enabling updates deployment)

プラグイン概要 - 利用可能な更新がハイライトおよびインストールボタンが表示されます

Moodle 2.4以降、管理者は「管理 > サイト管理 > サーバ > 更新通知」ページで更新適用を有効にすることができます。利用できる更新がある場合、「この更新をインストールする」ボタンがプラグイン概要およびプラグインチェックページに表示されます。

注意: この機能を動作させるには、利用可能な更新通知を有効にする必要があります。

どのように動作するのか (How it works)

  1. インストール済みプラグインに関して、新しいバージョンのZIPパッケージのURLを含む利用可能な更新情報はdownload.moodle.orgのウェブサービスとして利用することができます。
  2. 「この更新をインストールする」ボタンをクリックして次のページの確認が適用された場合、「mdeploy.php」という名称のスタンドアロンユーティリティが実行されます。
  3. あなたが「厳密」に前のステップで表示されたページからアクセスしているのか確認するため、mdeployユーティリティはリクエストを認証します。
  4. 新しいバージョンのZIPパッケージはMoodleプラグインディレクトリから取得されます。
  5. ZIPファイルが正しくダウンロードされたかどうか確認するため、シンプルな整合性チェックが実行されます。
  6. 現在のバージョンのプラグインコードは「moodledata/mdeploy/archive/」フォルダ内にアーカイブされます(例えば、あなたが独自にコードを修正している場合)。
  7. 現在のプラグインを含むフォルダは削除され、ダウンロードしたZIPファイルのコンテンツと置換されます。
  8. あなたのブラウザは通常のアップグレード処理が実行されるページにリダイレクトされます。

現時点では、あなたは (もし、ある場合) 別の利用可能な更新を適用、またはあなたのサイトにZIPコンテンツを手動でアップロードしたかのように、アップグレード処理を実行することができます。

更新提供を無効にする (Disabling updates deployment)

特別な環境 (完全に管理されたサーバ、多くのローカルでの修正、または例えば Gitチェックアウトのように独自更新方法を取り入れて 完全に管理されたサーバ等) では自動更新の適用を許可しないことをお勧めします。この機能は次のコードをconfig.phpファイルに追加することにより、完全に無効にするこができます:

$CFG->disableupdateautodeploy = true;

考えられ得るトラブル(Possible problems)

インストールボタンの喪失 (Missing install button)

自動更新適用機能が有効にされていない場合 (または、config.phpファイルで無効にされている場合)、更新をインストールするためのボタンは表示されません。自動更新適用機能が有効にされている場合、適用が正常に動作するか確認するため、事前チェックするための利用可能な更新一覧が表示されます。事前チェックに失敗した場合、ヘルプポップアップに情報が表示されます。

プラグインファイルに書き込めない (Plugin files not writable)

自動更新の適用中、Moodleは新しいバージョンの入ったディレクトリ (フォルダ) と既存のディレクトリを置換します。ウェブサーバプロセスはディレクトリおよびそのコンテンツすべてに対して、書込み権を必要とします。あなたのウェブサーバの設定および個人的な設定に応じて、目的に到達するための方法がいくつかあります。プラグインフォルダの正確な場所はプラグインタイプに依存します。プラグインフォルダの完全な場所に関して、プラグイン開発者ドキュメントの「Moodle path」欄をご覧ください。

例: あなたのウェブサーバがユーザ「www-data」としてLinuxサーバ上で動作するApacheであると仮定しましょう。あなたのMoodleは「/var/www/vhosts/moodle/htdocs」にインストールされています。あなたはスタンプコレクション活動モジュールのフォルダに書き込み権を与えたいと考えています:

   # cd /var/www/vhosts/moodle/htdocs
   # cd mod
   # chown -R www-data stampcoll
   # chmod -R u+w stampcoll

詳細は プラグインのインストールをご覧ください。

パッケージをダウンロードできない (Can not download the package)

http://moodle.org/plugins が稼動中であることを確認してください。サイトが停止している場合、あなたのMoodleサイトはZIPパッケージを取得することができません。http://moodle.org/plugins にアクセスできるようになるまで待って、再度適用手順をお試しください。

SSL証明書の確認に関して、問題が発生する場合もあります。詳細はmoodle.orgのSSL証明書 をご覧ください。

エラーおよび例外 (Errors and exceptions)

適用時に何らかの問題が発生した場合、エラーメッセージを注意深く読んで、後日参照のためにデバッグ情報およびエラーメッセージをコピーしてください。同時にmdeploy.log fileファイルを確認してください。mdeployユーティリティは「moodledata/mdeploy/mdeploy.log」ファイルに対して、すべての処理を記録します。通常、ログファイルには問題発生原因に関する追加的な詳細情報およびデバック情報を含みます。

エラー画面から戻る場合、忘れずに利用可能なプラグイン一覧画面に戻ってください (あなたが最初に「この更新をインストールする」ボタンをクリックした場所です)。リクエストが認証されなくなるため、前ページの確認画面に戻ったり、現在のページをリロードすることはできません。この場合、「unauthorized_access_exception」により「Unable to read the passphrase file」メッセージが表示されることになります。

以下のセクションでは、あなたが遭遇する可能性のあるエラー、そしてその対処方法を説明します。

パッケージをダウンロードできない (Unable to download the package (download_file_exception))

mdeploy.logファイルの末尾を確認してください。恐らく、cURL errorで始まるエラー番号およびcURLエラー説明を含む行があると思われます。

cURL error 7 couldn't connect to host 
現在、サイト http://download.moodle.org が正常に可動していることを確認してください。サイトが停止している場合、あなたのサイトは利用可能な更新を取得するためのウェブサービスをコールできません。http://download.moodle.org の稼動を待って、再度確認してください。
cURL error 60 (SSL certificate problem) 
これはリモート (moodle.org) サイトのSSL証明書の認証に問題があることを示しています。詳細はmoodle.orgのSSL証明書をご覧ください。