歴史

移動先: 案内, 検索

1970年後期、オーストラリア奥地で育ったMoodle創設者、開発リーダのMartin Dougiamasは放送授業に教えを受け、幼い頃から遠隔教育の本質を見抜くことになります。

彼は成人して働き始めましたが、後にオーストラリアのカーティン大学でオンライン教育の代替手段探求に駆り立てるWebCTの利用を体験します。1999年、彼の論文『 Improving the Effectiveness of online Learning』の執筆経験を基に、実験的に初期プロトタイプのLMS開発を開始しました。彼は単語「Moodle」を Moodle Trustの商標 として登録しました。そして数年後、彼は名称の選択に関して、 フォーラムで説明しました

調査は続きました: 初めてのMoodleサイトは2001年11月にMartinが最初に投稿した自身のmoodle.comであり、Curtin大学のPeter Taylor氏のhttp://smec2001.moodle.com/でした。また、両者による「An Interpretive analysis of an internet based course constructed using a new courseware tool called Moodle」が発表されました。

2001年の末までにMoodleはCVS経由でダウンロードできるように、そして、基本的なドキュメントを利用できるようになりました (2010年にCVSはGitに替わりました)。まだ、ひとりの人間の構想にしか過ぎませんでしたが、Martinは2002年5月にtracker ("so you can see what I am working on." 「あなたは私の作業を確認できます」 ) を開設しました。 Moodle 1.0は2002年8月にリリースされました。ユーザは新しいフォーラム上でMoodleに関して議論、異なる言語にMoodleを翻訳、そして、新しいテーマを作成しました。翌年、最初のコントリビュートモジュール (ワークショップ) がリリースされました。商用の性質を持つ Moodle.comと共に Moodle.orgがMoodleコミュニティの場となりました。

Moodleは急速に成長しました。そして、最初のMoodle Mootが2004年にオックスフォードで開催され、Moodleパートナーになるための法人申請受付を開始しました。2005年、Martinおよび他4名が 現在のHQとなる専用の敷地 (Lord Street Perth, houses 16 ) に引っ越して、16名はリモートで作業に従事しました。2005年のスペイン Las Palmas de Gran CanariaのMoodle Mootにて、mojito (モヒート) が非公式のMoodle Mootドリンクに、そして最終的に公式ドリンクに認定されました (詳細は部ログ記事「Moodleモヒートヒストリー)」をご覧ください)。

ドキュメンテーションの改善および新しい認証により、2007年までにMoodleはトップの、そして 受賞オープンソースLMSであると認められました。2004年の登録サイト1000件から、2008年にはユーザ数50万人、2010年にはユーザ数100万人以上、そしてMoodleパートナーが50社以上になりました。翻訳リポジトリAMOSでは100以上の言語の翻訳を保持しています。長く待たれていたMoodle 2.0が2010年11月にリリースされました。そして、現在、機能改善された定期的なリリースが6ヶ月ごとに公開されています。現在の焦点はモバイルテクノロジーです: 公式HTML5 appが2013年にリリースされました。また、Moodleの最新バージョンにはすべての画面サイズに適するよう、カスタマイズ可能なテーマを含んでいます。

2012年に始まったMoodleリサーチカンファレンスはMoodleは高度な技術の中にありながらも、 社会構成主義に従って設計および開発されていることを思い出させるものでした。2013年の9月、9000人を超える参加者に向けて、Moodleの基本機能である公式Moodle MOOC「Learn Moodle」が発表されました。 Martinが10年に渡って共有してきたように、教育者誰でも自由に自分の経験を共有することができます。