プロファイルの編集

移動先: 案内, 検索

通常、学生はMoodleのプロファイルを編集するよう求められます。管理者がユーザプロファイルを編集することも可能です。Moodle 1.6では、管理ブロックで、ユーザ >> ユーザアカウントの編集 を選択してください。Moodle 1.7では、サイト管理ブロックで、ユーザ >> アカウント >> ユーザ一覧の表示 を選択してください。編集したい学生を探して、「編集」リンクをクリックしてください。プロファイルの編集、フォーラム投稿、ブログ、活動レポートのタブを含んだユーザプロファイルページが表示されます。

名、姓
最初の2つのフィールドは全く説明不要です。名、姓は、コース内で学生が識別される情報です。学生が名、姓を間違う可能性もありますので、「名 = たろう」「姓 = やまだ」のように例示するとよいでしょう。これらのフィールドは、コース全体で学生を識別するため使用されます。
メールアドレス
メールアドレスは、学生がシステムより承認およびメッセージを受信したり、Moodleサイトのインストラクタや他のユーザに表示される情報です。プロファイル編集画面の「メール公開」オプションにある「同じコースの受講者にだけメールアドレスを公開します」で、コースの他の参加者がメールアドレスを閲覧できるよう設定することもできます。ここでは、ユーザが定期的に受信を確認するメールアドレスを使用すべきです。他のメール表示オプションには、「全員からメールアドレスを隠します」 (管理者と教師は閲覧可能です) または「全員にメールを公開します」で、受講者だけではなく、コースを訪問したユーザすべてにあなたのメールアドレスを公開することができます。
メール公開
この設定では、他のユーザに対するメールアドレスの視認性をを設定し、あなたのメールアドレスをクラス内で表示または非表示にすることができます。ここでは選択できる3つのオプションがあります: 「同じコースの受講者にだけメールアドレスを公開します」「全員からメールアドレスを隠します」 「全員からメールアドレスを隠します」
メール有効化
ユーザは、メールが送信されるメールアドレスを有効または無効にすることができます。この設定を無効にした場合、どのようなものであれ、学生はサイトから送信されるメールを受信できなくなります。
メールフォーマット
メールフォーマットには、「HTMLフォーマット」 (メッセージは、読みやすくするため異なるフォントおよび色でフォーマットされます) と「プレインテキストフォーマット」 (魅力的なフォーマットまたは色がないプレインテキストです) があります。
メール文字コード
メール要約タイプ
この設定では、購読登録をしたフォーラムからどのように投稿通知メールを受信するか決定します。受信方法には、次の3つの選択があります: 要約なし (フォーラムの投稿ごとにメール)、全部 (すべての投稿を毎日メール)、題名 (題名のみ毎日メール)。
ユーザはフォーラムからどのようにメールを受信するか選択できます。


フォーラムメール購読
この設定では、フォーラムに投稿された内容のコピーをメールで受信するかどうか設定します。メール購読を設定した場合、自分の投稿に対して「このフォーラムの投稿記事をメール購読しない」に設定しない限り、システムは自動的にフォーラムの新しい投稿内容をメール送信します。
フォーラム未読管理
フォーラムを未読管理することで、あなたがまだ読んでいない投稿をハイライトして、フォーラムのナビゲーションを改善します。
テキスト編集
通常、これは「HTMLエディタを使用します (互換性のあるブラウザのみ)」を選択することができます。HTMLエディタでは、テキストフォーマットオプションを使用することができますが、新しいブラウザが必要です。あなたのブラウザでテキストが編集できない場合、「標準のウェブフォームを使用します」を選択してください。
都道府県
このフィールドは、地理的な位置を指定することで、さらにあなたを識別するため利用されます。
タイムゾーン
このフィールドは、システムの時間に関係したメッセージ (課題の提出期日等) をデフォルトのMoodleタイムゾーンから、あなたが選択した正しいタイムゾーンに変更するため使用されます。
使用言語
Moodleでは複数の言語およびテーマ (Moodleのデザイン) をこれら2つのオプションから選択することができます。
使用テーマ
自己紹介
このフィールドでは、研究テーマ、趣味、資格等、あなた自身に関する情報をこのサイトのポリシーに合致した範囲で入力することができます。このテキストは、あなたのプロファイルを閲覧することができる誰にでも表示されます。
任意入力項目
現在の写真
あなたのプロファイルに関連した写真を表示します。
新しい写真
ここでは、参照ボタンおよび入力フィールドを利用して、プロファイルに新しい写真をアップロードすることができます。ファイルアップロードの最大サイズには、設定ページのmaxbytesオプションで設定された値が表示されます。ユーザ写真 (アバターとして知られています) は、大きなサイズで100×100ピクセル、小さなサイズで35×35ピクセルです。両方のイメージはMoodleのアップロードプロセスで作成され、ファイルサイズは4KB程度に縮小されます。写真は、Moodleデータフォルダにあるユーザサブフォルダに保存されます。2つのイメージは、f1.jpg および f2.jpg というファイル名が付けられます。

注意: アップロードしたすべてのユーザ写真は、URL <moodle url>/userpix/ 経由で閲覧することができます。