パーミッションのオーバーライド

移動先: 案内, 検索

オーバーライドは、必要に応じてあなたのパーミッションを「微調整」できるよう、コンテクスト内で特定のパーミッションをオーバーライドするためにデザインされました。

オーバーライドは、ユーザに追加パーミッションを与えることで、エリアを「広げる」ために使用することができます。例えば、オーバーライドは、学生にフォーラムを評価させるため、使用することができます (詳細は、フォーラムパーミッションをご覧ください)。

オーバーライドは、アーカイブフォーラムでの新しいディスカッションの開始等、操作を禁止することもできます。

パーミッションのオーバーライドのインターフェースは、関連するケイパビリティが表示される以外、ロールの定義のインターフェースに似ています。継承パーミッションは、ハイライトされます。

メモ: Moodle 1.9以前のバージョンでは、パーミッションのオーバーライドページ名は、「ロールのオーバーライド」となっています。

パーミッション

Moodle 1.9でパーミッションをオーバーライドする

それぞれのケイパビリティには、4つの設定があります:

継承
デフォルトの設定です。ケイパビリティに継承が設定された場合、ユーザのパーミッションは、低いコンテクストと同じパーミッションを保持するか、ケイパビリティに設定されている別のロールが設定されます。例えば、学生がコースレベルで小テストの受験を許可されている場合、この設定により、特定の小テストへのロールが継承されます。
許可
このパーミッションにより、ユーザは、所定のコンテクストでケイパビリティを使用することができます。このパーミッションは、ロールが割り当てられたコンテクストおよび低いコンテクストすべてに提供されます。例えば、コース内でユーザに学生ロールが割り当てられている場合、 (ケイパビリティの設定値に抑制または拒否によるオーバーライドが含まれていない限り)、コース内のすべてのフォーラムにて、新しいディスカッションを開始することができます。
抑制
このパーミッションにより、ユーザのパーミッションが高いコンテクストで許可されていたとしても、あなたは、このケイパビリティのパーミッションを取り除くことができます。
禁止
このパーミッションを必要とすることは、滅多にありません。しかし、低いコンテクストからオーバーライドさせない等、ロールのパーミッションを完全に拒否する場合に使用すると良いでしょう。

パーミッションのオーバーライドのロケーション

  • フロントページコンテクスト: 「サイト管理 > フロントページ > フロントページロール」の「パーミッションのオーバーライド」タブ
  • コースカテゴリコンテクスト: コースカテゴリページの「パーミッションのオーバライド」タブ
  • コースコンテクスト: コース管理ブロックの「パーミッションのオーバーライド」タブ
  • モジュールコンテクスト: 活動編集ページの「パーミッションのオーバーライド」タブ
  • ブロックコンテクスト: コース管理ブロックのロールの割り当てリンク内にある「パーミッションのオーバーライド」タブ
  • ユーザコンテクスト: ユーザプロファイルページのロールタブ内にある「パーミッションのオーバーライド」タブ

パーミッションのオーバーライド能力

ケイパビリティmoodle/role:overrideを許可 (Moodle 1.9.3以降は、ケイパビリティmoodle/role:safeoverrideが許可) にされているユーザは、(ロールのオーバーライド許可の設定に従って) 選択したロールのパーミッションをオーバーライドすることができます。

デフォルトの管理者ロールでは、ケイパビリティmoodle/role:overrideが許可にされています。そのため、管理者はデフォルトで、他のすべてのロールをオーバーライドすることができます。

教師がパーミッションをオーバーライドできるようにする

デフォルトでは、管理者のみパーミッションをオーバーライドすることができます。下記の方法により、教師がパーミッションをオーバーライドできるようになります:

  1. 「サイト管理 > ユーザ > パーミッション > ロールの定義」にアクセスします。
  2. 教師ロールを編集して、ケイパビリティmoodle/role:override (Moodle 1.9.3以降では、moodle/role:safeoverride) を許可にしてください。
  3. 「変更を保存する」ボタンをクリックしてください。
  4. 「ロールのオーバーライド許可」タブをクリックしてください (サイト管理 > ユーザ > パーミッション > ロールの定義)。
  5. 教師がオーバーライドできるよう、Teacher(教師) の行の適切なチェックボックスをチェックしてください。ほとんどの場合、チェックする行は、学生ロールのみとなります (あなたは、教師が管理者をオーバーライドできるようにしたくないでしょう)。ですから、教師の行および学生の列が交差する地点のチェックボックスをチェックしてください。
  6. 「変更を保存する」ボタンをクリックしてください。

可能であれば、パーミッションをオーバーライドするための新しいロールを作成して、選択した教師に割り当ててください。

選択した学生のパーミッションをオーバーライドする

しばしば、教師は、選択した学生のパーミッションをオーバーライドしたいと考えることでしょう。通常、教師は、学生に対して内部的にロールを割り当てます。例えば、編集権限のない教師のロールを学生に割り当てる場合等です。しかし、管理者は、ロール内で特定のパーミッションをオーバーライドすることができます。オーバーライドでは、新しいロールを作成することはありません。既存の特定ロールを修正することにより、コンテクスト内で、そのロールが割り当てられたユーザすべてに影響を及ぼします。

管理者 (または適切なパーミッションを持ったユーザ) は、新しいロールを作成することがあります。例えば、管理者が新しいロールに学生ロールをコピーして、特定のパーミッションを変更します。そして、教師は、正しいロールパーミッションを外してしまうことを心配せずに、このロールに特定の学生を割り当てることができます。

関連情報