クイックメールブロック

移動先: 案内, 検索

クイックメール ( Quickmail ) ブロックでは、コース内のすべての学生一覧のチェックボックスおよびメール作成エリアを提供するツールへのリンクを追加します。あなたは学生を選択して、その学生のみにメール送信することができます。クイックメールは、教師が学生の一部を選択できることで、Moodle既存のメッセージングシステム ( 1ユーザ ) およびメール購読フォーラム ( すべての購読者 ) の機能を拡張します。クイックメールは、ハンボルトのMichael Penneyチームによって開発されています。

インストール

このページのリンクセクションのリンクよりクイックメール ( Quickmail ) をダウンロードしてください。ファイルの解凍後、block_quickmail_1.5/blocks/のquickmailディレクトリを確認してください。このquickmailディレクトリを、あなたのMoodleのblocksディレクトリにコピーしてください。Moodleの管理ページにアクセスすると、クイックメールが自動的にインストールされます。インストール後、すべてのコースにクイックメールブロックを追加することができるようになります。

ブロック表示

Quickmail-Block-screenshot.gif

右側のイメージは、クイックメールがコースに追加された状態をハードコピーしたものです。3つのリンクの意味は下記のとおりです:

  • メールの作成: クイックメール作成ページへ移動します。
  • クイックメール履歴: 現在のコースで、クイックメール送信したすべてのメールの履歴ページへ移動します。
  • 設定: クイックメール設定ページへ移動します。このリンクは教師および管理者のみに表示されます。「編集モードの開始」ボタンを押してブロック編集ボタンが表示されるように、教師および管理者には同じクイックメール設定ページが表示されます。

ブロック設定

クイックメールには下記の2つの設定があります:

  • 学生 にクイックメールの使用を許可する: Yes が選択された場合、コース内で学生にクイックメールブロックが表示され、メールを送信することができます。No が選択された場合、クイックメールは学生から隠されます。
  • グループモード: クイックメールにグループモードを設定します。強制グループモードOn にされている場合、この設定は無効になります。

メールの作成

メールを作成する場合、下記のフィールドを設定してください:

  • To: このエリアでは、各コースユーザを選択するためのチェックボックスが表示されます。チェックボックスが「チェック」されたユーザにはメール送信されます。また、ユーザの「すべてを選択」または「すべての選択を解除」する便利なボタンもあります。クイックメール設定でグループモードが選択されるか、強制グループモードが有効な場合、ユーザおよびチェックボックスの表示方法が変更されます。それぞれのグループモードが、表示にどのように影響するか下記のとおり:
    • 可視グループ: ユーザおよびチェックボックスは、グループによりグループ分けされ、各グループには「すべてを選択」および「すべての選択を解除」ボタンが表示されます。
    • 分離グループ: あなたのグループに属しているユーザのみ表示されます。教師はグループに属さないため、常に「可視グループ」の表示がなされます。
    • 両方のグループモードの類似点: それぞれのグループ名および写真が表示されます。グループに属していないすべてのユーザは、下の「グループ外」に表示されます。
  • 題名: ここに入力した内容は、送信されるメールのメール件名に表示されます。
  • メッセージ: このエリアは、メールメッセージ本文を作成するために使用します。あなたがユーザプロフィール画面の「テキスト編集」で、「HTMLエディタを使用します」にしている場合、HTMLエディタを使用することができます。
  • 添付: これは任意フィールドで、学生と教師では異なる動きをします。
    • 学生は、使用しているパソコンからファイルを選択して、メールに添付することができます。このファイルは、一時的にサーバに保存され、メール送信後に削除されます。
    • 教師は標準的なコースファイルインターフェースを使用することができます。これらのファイルはコースファイルに保存され、クイックメールで削除されることはありません。

クイックメール履歴

このページでは、送信したメールの情報をテーブルに表示します。カラムの内容は下記のとおりです:

  • 日時: メールが送信された日時です。
  • 題名: メールの件名です。
  • 添付: メールに添付された添付ファイル名です。
  • 操作: 操作ボタンを含みます。ルーペのようなボタンをクリックすることで、「メールの作成」ページに戻ります。しかし、送信済みメールの値が入力されています。これは特定のユーザに、似たような内容のメールを送信する場合に便利です。「X」印の形をしたもう一つのイメージは、送信されたメールを削除する場合に使用します。すべてのカラムでは、折りたたみおよびソートすることができます。10件以上のメールが履歴にある場合、ページングメカニズムにより、すべての送信済みメールがページ分割されます。

テーブル下部に、下記の2つのリンクも表示されます:

  • 新しいメールの作成: 「メールの作成」ページへ移動します。
  • すべての履歴をクリア: あなたのすべてのメール履歴を削除します。

謝辞==

  • Original developer: Mark Nielsen
  • Project Manager: Michael Penney at Humboldt State University
  • Postgres7 contribution: Rubens Ribeiro
  • Language Translations:
    • Japanese: Mitsuhiro Yoshida
    • Spanish: Rubens Ribeiro
    • French: Yves Dufour
    • German: Andy Tagliani
    • Slovak: Miroslav Fikar
    • Hungarian: Császár-Cs. Péter

リンク