「課題モジュール」の版間の差分

移動先: 案内, 検索
(課題の反復)
(関連情報)
18行目: 18行目:
  
 
== 関連情報 ==
 
== 関連情報 ==
*[[Non-standard assignment types]]
+
*[[非標準課題タイプ]]
*[[Using Moodle book]] Chapter 7: Assignments
+
*[https://docs.moodle.org/en/Using_Moodle_book Using Moodle book] 第7章: 課題 (英語)
*[[Workshop module]] allows peer to peer evaluations, is contributed code in 1.9 onward
 
  
 
[[Category:モジュール]]
 
[[Category:モジュール]]
  
 
[[en:Assignment_module]]
 
[[en:Assignment_module]]

2010年4月11日 (日) 16:51時点における版


再作成中です - Mitsuhiro Yoshida 2010年4月11日 (日) 11:43 (UTC)

Assignment Icon.gif 課題活動モジュールでは、教師が学生から課題を集めて、レビューおよび評定を含むフィードバックを提供することができます。

学生は、様々なデジタルコンテンツ (ファイル) を送信することができます。例えば、ワープロ文書、スプレッドシート、イメージ、オーディオおよびビデオクリップ等です。課題は、必ずしもファイルのアップロードを必要とするものではありません。代わりに、教師が学生に対して、オンラインテキスト課題を使用して直接Moodleに入力するよう求めることができます。評定するためMoodle内で完了する必要のある「実際の世界」の課題を学生に思い出させる目的で、オフライン活動課題を使用することもできます。

課題タイプ

課題には、以下4つのタイプがあります:

  1. 単一ファイルのアップロード
  2. ファイルの高度なアップロード (1.7以降) - このオプションには、複数ファイルの提出、提出課題と同時に学生によるメッセージの投稿、フィードバックとしてのファイル返信を含みます。
  3. オンラインテキスト - 学生は直接Moodleに入力します。また、教師はインラインのフィードバックを提供することができます。
  4. オフライン活動 - 教師は、Moodle外での課題に関して、説明および締切期限を提供することができます。評定およびフィードバックをMoodle内に記録することができます。

課題の反復

課題設定の「課題の再提出を許可する」を「Yes」にして、単一ファイルのアップロードまたはオンラインテキストを使用することで、「提出課題を教師が評定する → その課題を学生が再編集する → 教師がまた評定する」というような反復課題を作成することも可能です。

関連情報