評定のインポート

移動先: 案内, 検索

Moodle 1.9

評定はCSVまたはXMLファイルを使用してインポートすることができます。

インポートファイルのフォーマットは対応するエクスポートフォーマットと同じです。

注意: 評定のインポートは評定者レポートの手動評定と同じです。そのため、例えば課題モジュールのような特定のMoodle活動の評定がインポートされた場合、課題提出ページで評点を編集することができないようになります。


評定のインポート

CSV評定インポート

評定表に評定をインポートするには:

  1. インポートフォーマット (CSVまたはXMLファイル、以下を参照) を決定した後、対応するエクスポートフォーマットを選択して評定をエクスポートします。
  2. エクスポートファイルを適切に編集した後、保存してください。
  3. ヒント: あなたがエクスポートしたExcelファイルを開いた後、エクスポートファイルに存在しない新しいカラムが追加された場合、Moodleはインポートを拒否します。そのため、独自の新しいカラムをエクスポートファイルに追加しないようにしてください。
  4. 評定表ドロップダウンメニューよりインポートフォーマットを選択してください。
  5. 前にあなたが保存したファイルを閲覧およびアップロードしてください。
  6. 「評定をアップロードする」ボタンをクリックしてください。
  7. CSVインポートのみ: 評定インポートをプレビューしてカラムのマッピングを選択した後、評定インポートを完了するために「評定をアップロードする」ボタンをクリックしてください。
    1. ヒント: デフォルトで「マップ元」には「名」が、「マップ先」には「userid」が設定されています。ドロップダウンメニューを使用して両者を「メールアドレス -> useremail」または「IDナンバー -> useridnumber」 (あなたのユーザがプロファイルにてIDナンバーフィールドに入力済みだと仮定して) に変更してください。

評定をインポートするには、あなたには次の2つのパーミッションが必要です: (1) 評定インポートのための一般パーミッション (2) 特定のフォーマットで評定をインポートするためのパーミッション。例えば、CSV形式の評定をインポートするには以下のパーミッションが必要です:

   moodle/grade:import ("Import grades") = Allow
   gradeimport/csv:view ("Import grades from CSV") = Allow

XMLインポート

XMLインポートでは数字の評点、活動IDナンバーおよびユーザIDナンバーを必要とします。

リモートファイルURI

リモートファイルURIは学生情報システム等、リモートサーバからデータを取得するため使用します。

CSVインポート

CSVインポートはXMLインポートよりさらに柔軟です。あなたはカラムをマッピングすることができます。

エンコーディング

あなたのCSVファイルのエンコーディングに関して分からない場合、エンコーディングドロップダウンメニューより最初のオプション (UTF-8) を選択してください。あなたがCSVファイルの作成にExcelを使用した場合、SHIFT_JISを選択してください。あなたが正しいエンコーディングを選択した場合、評定インポートプレビューにて判読可能な情報が表示されます。

冗長評価尺度 (Verbose scales)

評価尺度は数字 (例 0, 1, 2, 3等) または文字 (例 "良い", "悪い", "最悪ではない") を使って定義することができます。後者は冗長 (verbose) と呼ばれます。

関連情報

Using Moodleフォーラムディスカッション: