ハブ管理

移動先: 案内, 検索

作成中です - Mitsuhiro Yoshida

Moodle 2.0


ハブの運用を決定する

ハブサーバの運用は、あなたが軽々しく引き受けるものではありません。

ハブ管理者として、あなたはハブのコンテンツに責任があり、以下の内容を実施する必要があります:

  • すべてのコースコンテンツがクリーンであるか検証する (ポルノまたは悪意のあるJavaスクリプトが含まれているかどうか)
  • 登録済みサイトおよびそれらのサイトのステータスを管理する
  • 編集を通して、コンテンツリストのクオリティを管理する

ハブソフトウェはどのように動作するのか

ハブソフトウェアは、Moodle 2.0またはそれ以降のバージョンの独立した「ローカル」プラグインとして実装されるよう開発されています。このようにして、ハブはMoodleコアAPIのすべての機能において使用することができます。また、コアコードのメンテナンスに影響を及ぼすことはありません。

ハブをインストールした場合、簡単な検索ボックスを含むフッタがサイトすべてのページに表示されます (詳細は http://hub.moodle.org/ をご覧ください)。

実コースのある既存のMoodleサイトにハブケイパビリティを追加しないでください。ハブケイパビリティを追加しても動作しますが、GUIの混乱およびセキュリティ上の問題が生じます。ですから、ハブケイパビリティの追加は避けてください。Moodleは無料で入手できるため、あなたのハブを構築するために新しく別のMoodleをインストールすることは簡単なことです。

Moodleハブサーバのセットアップ方法

  1. Moodle 2.0またはそれ以降のバージョンをウェブサーバにインストールしてください。
  2. 最新のハブプラグインを http://download.moodle.org/download.php/plugins/local/hub.zip からダウンロードしてください。
  3. ZIPファイルをMoodleのローカルディレクトリに保存して、/hubディレクトリ内に展開してください。
  4. ハブソフトウェアのアップグレードおよびインストールを完了するため、Moodleのサイト管理ページ内にある「通知」をクリックしてください。
  5. ハブ用にウェブサービス (サイト管理 > 拡張機能) を有効にしてください。
  6. XML-RPCプロトコル (サイト管理 > プラグイン > ウェブサービス > プロトコルを管理する) を有効にしてください。
  7. SMTP (サイト管理 > サーバ > Eメール) を設定してください。
  8. reCAPTCHA (サイト管理 > プラグイン > 認証 > 認証管理) を設定してください。
  9. あなたのハブ (サイト管理 > ハブ > 設定) を設定してください。

おめでとうございます! あなたにはコンテンツのないハブが表示されているはずです!

サイト登録

ハブに登録されていうサイトのみコンテンツ公開が許可されます。

サイトはサイト管理 > 登録経由でハブに登録することができます。

ハブ登録

あなたのハブをMoodleハブディレクトリに登録することもできます。Moodleハブディレクトリでは世界中の多くのハブが登録され、世界中のユーザがあなたのハブからコースを探すことができます。あなたのハブをMoodleハブディレクトリに登録する前に、ある程度のコンテンツを作成した方が良いでしょう。

サイト管理

In Administration > Hub > Manage sites, you can:

  • Prioritise a site: during a search, course from prioritised sites appear on top of the list. A prioritised site is always trusted.
  • Trust a site: when a site is trusted, any published course is immediatly available
  • Delete a site: delete a site from the database. A message will be sent to the site administrator.
  • Settings: you can change some information as the name, the description, the language...
  • Make a site visible: only site declared as visible appear on the the site list (currently the site list hasn't been implemented)

コース管理

In Administration > Hub > Manage course, you can:

  • Delete a course: delete a course from the database.
  • Settings: you can change some information as the name, the description, the language...
  • Make a course visible: decide if the course is displayed on search result

ロール、ユーザおよびウェブサービスに関する重要事項

A hub server uses intensively Moodle web service 2.0. For this reason it is important to understand the web services administration, and what happens if you change some roles/users/services.

ロール

The hub server creates on the fly some roles that you should never delete/modify:

  • one role for the hub directory
  • one role for registered sites
  • one role for public sites

ユーザ

The hub server creates on the fly some users that you should never delete/modify:

  • one user for the hub directory
  • one user for public access
  • as many users as registered sites

サービス

The hub creates during installation some web services that you should never delete/modify:

  • one service for Hub directory
  • one service for Registered sites
  • one service for Public sites

It also creates tokens on the fly. These tokens are not displayed on the token management list, so you cannot accidentally delete them.