他のバージョンのドキュメント: 2.x / 1.9

自動コースバックアップ

提供: MoodleDocs
移動: 案内, 検索

ロケーション: サイト管理 > コース > バックアップ


バックアップページでは、管理者が自動コースバックアップおよびバックアップスケジュールを設定することができます。自動コースバックアップでは、個々のコースバックアップと同じ関数を実行します。あなたのサーバが、通常忙しくないのでしたら、スケジュールバックアップを実行することは、良いアイディアだと言えます。すべてのコースに対して、バックアップツールを実行することで、サーバに過大な負荷が掛かってしまいます。ですから、多くの学生がサーバにアクセスを試みている場合、あなたはバックアップツールを実行すべきではありません。

スケジュールバックアップするには、定期的に実行されるCRONを設定する必要があります。詳細は、cronインストラクションをご覧ください。

バックアップスケジュールの設定

バックアップスケジュールを設定するには:

  1. アクティブ (backup_sche_active) チェックボックスをチェックしてください。これにより、自動バックアップシステムを有効にします。
  2. バックアップを実行する曜日を選択してください。
  3. バックアップ処理の実行時間を設定します。多くのサーバでは、早朝が一番良い時間です。あなたのサーバが使用しているタイムゾーンに留意してください。
  4. 「保存先」パスを設定してください。可能であれば、バックアップパスを別のマシンに設定するか、Moodleが動作しているドライブと異なるドライブに設定してください。ドライブに問題が発生した場合、あなたは、Moodleサイトと同時にバックアップを失いたくないでしょう。「保存先」フィールドを空白にした場合、バックアップファイルは、それぞれのコースフォルダ内のバックアップフォルダに保存されます。
  5. 「変更を保存する」ボタンをクリックしてください。

バックアップのスケジュールを設定した場合、Moodleは、あなたが設定した時間に、サーバ上すべてのコースから自動的にアーカイブを作成します。バックアップが完了した場合、Moodleはバックアップステータスを記載したメールを、あなたにメール送信します。

メモ: Moodle 1.6以降、学生が利用できないコースおよび先月から変更されていないコースは、自動的にコースバックアップがバックアップから除外されます。

コースバックアップ 対 サイトバックアップ

  • CPUの利用を考えた場合、コースバックアップは、非常にコストのかかるバックアップ方法です。あなたのサイトが再度稼動するまでに要する、復旧時間も長くなります。
  • コースバックアップは、再利用するための「最新」のコースコピー、またはバックアップを個々に配布するために有用です。しかし、(あなたのホスティングが、推奨されるサイトバックアップを許可しない限り) コースバックアップをシステムバックアップのメインとして使用しないでください。

関連情報