多肢選択問題タイプ

移動: 案内, 検索


一般的な問題タイプの問題作成時、Moodleは教師に対して多くの柔軟性を提供します。HTMLを記述することによる、写真、音声、他のメディアを含んだ問題および答えの単一問題および重複解答問題を作成することができます。また、それぞれの答えには加重をかけることができます。レッスンモジュールの問題は、小テストの多肢選択問題と異なる動きをすることを記憶に留めてください。

複数解答問題

小テストの多肢選択問題では、「単一または複数解答?」を選択することで、1つまたは複数の答えを選択することができます。それぞれの答えは、プラスまたはマイナスの評点を持つことができます。ですから、良い評点を得るためには、すべての答えを選択する必要はありません。評点合計がマイナスになった場合、この問題の評点合計はゼロに修正されます。

特定の答え、および問題全体に対してフィードバックを設定することができます。

問題セットアップ

  1. 問題カテゴリを選択してください。
  2. 記述的な問題名を入力してください。後であなたの問題を識別しやすくしますので、「問題1」のような名前付けは、お勧めできません。問題名は、小テスト編集ページの問題一覧またはレッスンのページタイトルに使用されます。この問題名は学生に対して表示されませんので、あなた自身、可能であれば他の教師にも分かりやすい問題名を選択してください。
  3. 問題テキストを作成してください。あなたがHTMLエディタを使用している場合、ワードプロセッサのドキュメントのように問題の体裁を整えることができます。
  4. あなたが問題に画像を追加したい場合、表示する画像を選択してください。学生に対しては、問題テキストの後および選択肢の前に画像が表示されます。
    • あなたが問題テキストの作成にHTMLエディタを使用している場合、イメージアイコンをクリックすることができます。イメージアイコンをクリックすることで、イメージ挿入ウィンドウがポップアップされます。あなたのファイルエリアにアップロードした画像を選択するか、ウェブ上の画像のURIを追加することができます。ファイルエリアからファイルを追加した場合、代替テキストを入力して、OKボタンをクリックしてください。
  5. 「評点のデフォルト値」を設定してください (例 この問題の評点の最大値)。
  6. 「ペナルティ要素」を設定してください (下記のペナルティ要素をご覧ください)。
  7. Moodle 1.7以降: 「全般に対するフィードバック」を追加することができます。このテキストは、小テストの解答後、受験者に表示されます。
  8. 学生が1つの答えのみ選択できるか、複数の答えを選択できるか設定してください。
  9. 答えのオプションをシャッフルするかどうか選択してください。
  10. 選択肢1の文章入力箇所に最初の選択肢を記述してください。HTMLを入力することで、画像または音声ファイルを追加することができます。
  11. その選択肢の評価のパーセンテージを選んでください。これは、その質問の合計点に対して、その選択肢を選ぶことの価値を意味するパーセンテージです。正負いずれのパーセンテージを選ぶこともできます。例えば10点の複数解答の質問があったとして、正しい選択肢を一つだけ選ぶと点数の50%しか得られないようにしたり、誤った選択肢を一つだけ選ぶと点数の10%を減点することができます。
  12. それぞれの選択肢にフィードバックを追加することも可能です。これは骨が折れる作業かもしれませんが、生徒たちにそれぞれの選択肢がなぜ正しいのかや間違っているのかをフィードバックエリアを使って教えることは良い教育です。ある選択肢が正しいのか間違っているのかを知れば、生徒は自分の考えを分析して、なぜその選択肢が正しいのか理解するでしょう。小テスト本体のオプションの「フィードバックを表示する」をオンにしたときのみ、フィードバックは表示されます。
  13. 残りの選択肢を埋めます。使われていないところはすべて無視されます。
  14. Moodle 1.7+以降: 必要に応じて全体のフィードバックを入力してください。
  15. 画面の一番下にある「変更を保存する」ボタンを押してください。

ペナルティ要素

アダプティブモードを使用している小テストにのみ、「ペナルティ要素」が適用されます - 例) 学生は同じ小テストの問題であっても、複数回の受験が許可されています。ペナルティ要素がゼロ以上の場合、誤答により「最大」評点からペナルティ要素が適用された一定割合の点数を失います。例えば、デフォルトの評点が10点、ペナルティ要素が0.2の場合、最初の受験の後に続く受験での誤答で、ペナルティ0.2 x 10 = 2点を失う可能性があります。

全体のフィードバック

Moodle 1.7

Moodle 1.7以降のバージョンでは、正解/一部正解/誤答に対して「全体のフィードバック」を表示するオプションが含まれています。このオプションは、個別の答えに対するフィードバックでは、どのフィードバックを表示するかコントロールが難しい、複数回答の問題に対するフィードバックで特に有用です。

学生が解答を送信した場合、自分の解答の次に個別の答えに対するフィードバックが表示され、その下に「全体のフィードバック」が表示されます。テキストが入力されている場合、すべてのフィードバックの下に「全般に対するフィードバック」が表示されます。

レッスンモジュールの多肢選択問題

このページは小テストモジュール向けに作成されています。レッスンモジュールの「複数解答オプションなしの多肢選択問題」および「複数解答オプションありの多肢選択問題」は、学生にとって同じように見えます。しかし、編集モードの教師にとって、両者は大きく異なります。「複数解答オプションなしの多肢選択問題」および「複数解答オプションありの多肢選択問題」は、教師によって異なる作成処理がなされます。

例: 小テストには、レッスンモジュールの「カスタムスコア」のような、さらに堅牢な評定ステムがあります。仮に「カスタムスコア」が有効にされたとしても、レッスンモジュールでは問題に対する答えの評点のパーセンテージは与えられません。また、レッスンモジュールの「複数解答オプションありの多肢選択問題」では、評点を得るために、すべての正解の選択肢を選択する必要があります。

関連情報